NCIS:LA〜極秘潜入捜査班 3-11 光影

Higher Power (2011)

クリスマスです。サムはネットで、息子のプレゼント"パーカーポニー"を探しています。入荷まで1カ月待ちという、人気のオモチャだそうで。へティは"クリスマス・キャロル"を観たそうです。全員参加のクリスマス・パーティーをやると言い出しました。

そして事件です。CITの工学部の研究室から、電磁パルス発生器の試作品が盗まれました。EMPです。研究していたのはカーライル教授。元海軍のエンジニアで、国防総省の研究員でもあります。

怪しい言動のカーライル教授を捕らえてみると、自分が盗んだのだと言います。EMPの危険性を知らしめる為だと。ところが、車のトランクに入れたはずの装置がない‼️緊急事態発生ですね。

装置のコトを知っているのは大学院生。大学院に潜入するケンジー&ディークス。様々な怪しい容疑者がいます。家宅捜査の際には、テスラコイルなる物でピンチになる2人。愉しませてくれます。高級寿司屋を予約している輩やら、ボロい車"グレムリン"を捜査すると、車が発火します。電磁波を増幅させる装置があるというのです。コレにより、LA全体が危険な状態になりました。

カーライル教授も捜査に協力します。その後はスリルある展開。制限時間のある、厳しい捜査となります。恒例の爆発も?期待して観ましょう。

エリックが"パーカーポニー"の落札失敗。しかし、自分用に買った"パーカーポニー"をサムにプレゼント。全員参加のパーティーで、次回へ続く。