読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

NCIS:LA〜極秘潜入捜査班 3-20 縄張

Patriot Acts (2012)

朝に自動車事故。元海兵隊のギャヴィン・ノールズの、ぶつけられたトラックの荷台には化学爆弾が。ノールズは思わず逃げてしまいますが、追突の衝撃で爆破しました。

ノールズはFBIが逮捕。テロを阻止したとマスコミに発表します。ノールズは、アフガニスタンで簡易爆弾にやられ、名誉除隊になった男。テロリストだと言うには疑問が残ります。

FBIの担当はアンブローズ捜査官。NCISには捜査をさせない、いけ好かない男なのです。ここでネイトが久しぶりの登場となります。ネイトも疑問を持つノールズの逮捕。ネイトが言うのだからFBIが間違ってますね。

ノールズの彼女はウェイトレスのミア。キーマンになる彼女です。6年前にテロ容疑で捕まったラフィ・ジャナットポアはミアのオーケストラの仲間。獄中で他の囚人に殺されています。ミアは、ラフィの逮捕は不当だと訴え続けていたのです。ミアと同じダイナーで働くのは、同窓生のアダム。

今回はFBIが酷い組織だといったエピソード。SEALとは扱いが違います。爆弾事件ですから、当然爆破アリです。私、このドラマで爆破シーンが好きになってしまったのでしょうか?爆破シーンに喜んでしまうのです。

ネルとケンジーは、モンスタートラック・ラリーを観にいったそうで。なんとへティも行っていたそうです。そして、次回へ続く。