読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

ラッシュ/プライドと友情 (2013)

Rush (2013)

言わずと知れた、超お薦め映画です。70年代にもあったのです、F1ブームが。私の少年時代です。スーパーカーブームです。しかし子供はF1は見ません。そんな私でも知ってるニキ・ラウダの復活劇のお話ですね。当時、6輪タイレルなんてマシンがありまして、プラモデル屋さんでお見かけしました。この映画にも出てきます。

そんなニキ・ラウダさん(ダニエル・ブリュール)と、ライバルのジェームズ・ハントさん(クリス・ヘムズワース)の物語。F3の頃からライバルだった2人、対象的な性格で面白いのです。やはりF1ドライバーになるような人は、お金持ちの出身なのでしょうか?この2人も、育ちが良いのです。真面目で堅物、いけ好かない態度で孤独なニキ・ラウダ。女好きで、明るく、周りに友達がいっぱいいる、愛嬌のあるのがジェームズ・ハント

バチバチに対立しているライバル同士。1976年のニキ・ラウダが大火傷を負う事故で一転します。尊敬し合う仲になるのです。その年のシーズン優勝を決めるレースは、富士スピードウェイです。盛り上がります。凄いレースが日本で行われていたのですね。セナとプロストの時もそうでしたか?

非常に見応えのある、愉しめる映画でした。フェラーリマクラーレンロータス、6輪タイレルと、少年期の記憶が蘇ります。