読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

グッド・ワイフ 1-2 正義のかたち

Stripped (2009)

ピーターはシカゴ州クック郡の州検事だったのですね。後釜にはグレン・チャイルズ(タイタス・ウェリバー)。悪人顏です。セックステープを流出させた人です。

今回の依頼主はストリッパーのクリスティ(パロマ・ガスマン)。アリシアを指名して来ました。金持ちの権力者で、色々なコネを持つマッキーオン家の息子にレイプされたとのこと。バチェラーパーティーで呼ばれた際に、被害にあったとのこと。刑事訴訟は新州検事チャイルズに取り消されていました。民事訴訟になります。

金持ちから、大金をせしめようとするストリッパーの裁判と思われがちなケース。周囲を買収しているマッキーオン家。非常に不利な裁判です。クリスティはコールガールもしていたそうです。結構なお値段のコールガールでして、アリシアはピーターとも寝たと疑います。

裁判官はアバナシー(デニス・オヘア)。正義感が強いようですが、少々変わった人です。カリンダは相変わらずのいい働き。中々の重要人物ですよ。

弁護士の物語なので、事件の真相がわかればいいってモノではないのですね。しかし、刑事のようにアリシアは捜査していきます。民事裁判では負けてしまいますが、裁判直後にマッキーオンが逮捕されたりするのです。今後、難しいケースが出てきそうですよと、ちょっと心配な私です。

ピーターのスキャンダル写真が自宅に届きました。アリシアには知らせず、子供達が隠し持ちます。そしてザックは合成写真の証拠を発見。以降、どう繋がるのでしょうか?

アリシアがピーターのセックステープを聞いて、次回へ続く。