読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

グッド・ワイフ 1-6 冤罪

Conjugal (2009)

6年前に雑貨店に強盗に入り、非番の警官を殺して死刑宣告を受けたアフリカ系の男クラレンス・ウィルコックス。TV番組での再現ビデオの影響が強いと控訴しようという件。リーガルエイドなる低所得者向けの法律扶助では手に負えなくなり、アリシア達の事務所にまわってきました。

先ずは控訴趣意書なるものを1時間で直します。きっと大変な事なのでしょう。ケイリー &アリシアコンビが頑張っちゃいます。

今回はクエスタ判事(デヴィッド・パーマー)。眼鏡の厳しい人です。ウィルコックスの奥さん(リンダ・パウエル)は、冤罪だと言うのです。こちら、パウエル元国防長官の娘さんだそうで。例によって、アリシア達の捜査が始まるわけです。

決定的だったのは目撃証言。シカゴブルズのパーカーを着ていた20代半ばの黒人男性。面通しで選ばれたのが、ブルズのパーカーを着ていたウィルコックスだったのです。目撃者は白人女性でした。ということで、違う人種の顔は見分けられないって話になります。私も自信ありません。ドラマの皆さんも、見分けられないのです。ブルズのパーカーは、当時みんな持っていたそうです。

もう一点は当時の検事局を知るピーター。アリシアは嫌がりながらも、配偶者の特別面会に行くのです。こちらは夫婦の権利で、監視されずに一晩過ごせるのです。シャワー付きの部屋でした。

この後はクエスタ判事がキッチリと締めてくれます。