読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

グッド・ワイフ 1-23 決断のとき

Running (2010)

改装中の事務所に、皆さんコソコソ集まってきます。カリンダはFBIのラナと。アリシアは依頼人夫婦を連れて来ました。依頼人ジャックは、FBIに警官の汚職を告発する代わりに、自身の免責と、夫婦の証人保護プログラムを求めるモノ。ラナは具体的な証拠が無いと渋ります。ラナがマークしている警官の中には、あのピアスのアンソニー・バートンも含まれています。密かに驚くカリンダなのです。

翌日、ジャック死亡。麻薬ディーラーのアジトに、先頭で踏み込み、撃たれたというのです。汚職警官…怪しすぎる事件なのです。

アリシア達は真相を知ろうと、乗り気で無い妻トリッシュを促し、クック郡とシカゴ市を訴える事になります。遂にカリンダはラナと親密になり、両性イケる事が明らかになりました。ラナとバートンと巡って、カリンダが揺さぶられます。そして事件は、思わぬ方向へと。

ピーターが出馬しないとか言い出したようで、イーライはジャッキーの所へ出向きます。社交界の集まりでしょうか、いつになく態度の小さなイーライが、ジャッキーに協力を求めます。

シーズン1最終回は、カリンダを筆頭に恋愛模様目白押しです。ダイアンはマクベイと再会します。ウィルはロースクールのジアダとデートします。なんと生意気ジアダ、ヨーロッパ有数のお金持ちだったのです。ウィルはジアダよりも、アリシア。遂に告ってしまうのです。

アリシアが壇上に呼ばれたところで、ウィルから再度電話。どうなってしまうのかってトコで、シーズン1フィナーレとなりました。