読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

ペントハウス (2011)

Tower Heist (2011)

舞台はNYマンハッタン、"ザ・タワー"と呼ばれる超高級マンションです。今では大統領のタワーをイメージしたものでしょうか。場所と作りが良いってだけのマンションではありません。ドアマン、ガードマンは勿論、沢山の執事のような人達が働いているのです。高級ホテルのようなのです。

管理マネージャーはジョシュ・コヴァックス(ベン・スティラー)。
最上階のペントハウスに住むのは、大富豪アーサー・ショウ(アラン・アルダ)。タワーの理事であり、ジョシュとはチェスを楽しむ間柄。
ジョシュの義弟はチャーリー・ギブス(ケイシー・アフレック)。タワーで働いていますが、仕事はイマイチ。もうすぐ子供が産まれそう。
タワー管理の新人はエンリケ・デブロー(マイケル・ペーニャ)。BK(バーガーキング)で働いていたというヒスパニック系。
太っちょルームキーパーはオデッサ・モンテロ(ガボレイ・シディベ)。グリーンカードが欲しいアフリカ系女性。
ドアマンのレスター(スティーヴン・マッキンレー・ヘンダーソン)はリタイヤして、奥さんと世界一周を計画しています。
ジョシュの近所に住むスライド(エディ・マーフィ)は、背広男と絡んでくる小悪人。実は幼馴染み。
Mr.フィッツヒュー(マシュー・ブロデリック)は破産して、タワーの部屋を差し押さえられました。

そして事件です。ショウが複数の証券詐欺罪でFBIに逮捕されるのです。資産は凍結されました。困ることに、従業員の年金運用はショウに一任していたのです。ドアマンのレスターは、個人でも全財産7万3000$を預けていたからさぁ大変。電車に飛び込み自殺未遂です。怒りのジョシュは、仮釈放になったショウのペントハウスに乗り込み、部屋に置いてあるフェラーリを破壊。一緒に乗り込んだチャーリー、エンリケと共にクビにされてしまいます。

ジョシュはFBIの女性捜査官クレア(ティア・レオーニ)に、ショウ逃走資金2000万$を隠し持ってると聞きます。このお金を盗み返そうっていう物語。

計画にはジョシュ、エンリケ、チャーリーにフィッツヒューが加わります。泥棒ということでスライドも仲間に。金庫を開ける特技を持っていたオデッサも。途中、子供が産まれそうなチャーリーは管理マネージャーとしてタワーに戻り、泥棒仲間を裏切ったり、スライドが裏切ったりと。

逮捕されないウォール街の悪人を相手に、庶民の泥棒がヒーローになるという構図の爽快な物語でした。ベン・スティラーが男っぽさを見せます。