読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

グッド・ワイフ 2-19 不当解雇

Wrongful Termination (2011)

今回はスターンとの対決です。インターネット会社で、CEOが変わってから不当解雇やら、劣悪な労働環境やら、一カ月に3人も自殺者が出てたりしています。自殺した遺族がこちら側、会社側の代理人がスターンとなります。

準備中にサプライズ❗️スターンさん、死んでしまいました。束の間の悲しみを見せるウィルとダイアンですが、顧客の取り戻しということで、意気揚々とお葬式に行くのです。そして更にビックリ❗️ケニングが事務所を買い取っていたのです。ケースとクライアントごとです。ユダヤチックな黒帽子を頭にのせて現れました。🤔何故にユダヤ教?と思ったら、思い出しました。スターンの不良娘アナが改宗していましたね。ということで、対ケニングとなります。

そして裁判。判事はおっとりした変わり者ながらも、的確なアバナシー。ケニングはやはり、驚きの手を使ってきます。こちらもカリンダの情報で応戦です。

そのカリンダ、マタンは個人的な書類2枚を抜いていました。その秘密を知りたいチャイルズは、ワイリーを使って調査し始めます。ワイリーがまた、冷酷なまでに淡々と調査を進めるのです。ケイリーの尾行だってしちゃいます。

「負けたように見える?」が決め台詞のケニング、アリシアの実力を認めているようです。ケニングはきっと負けないのです。ウィルがタミーといちゃいちゃして、次回へ続く。

スターン 対決 死亡 顧客の取り戻し
既に買い手 ケニング ケースとクライアントごと