読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

グッド・ワイフ 3-9 事実の重み

Whiskey Tango Foxtrot (2011)

今回はウィル、アリシア、イーライに逆風が吹くエピソード。世の中そうは上手くいきませんといったお話。WTFなのです。

無人攻撃機プレデターの誤射で、アフガニスタンの12人の民間人が死亡。遠隔操作をしていた女性軍曹エルキンスが罪を問われ、ヒックス大尉がロックハート・ガードナーに駆け込んできました。シーズン2の第2話で、羨ましそうな顔をしていた大尉です。ウィルとアリシア軍事法廷に立ちますが、またしてもレオラ・クーン判事が立ち塞がります。今回もウィルはやられてしまうのです。

そんなウィル、、ピーター率いる検事局の標的になっていましたね。カリンダ、ケイリー、デイナは終結と判断しますが、ピーターが新たに送り込んできたのは、特別検察官なる肩書になったウェンディ・スコット・カー。州検事選挙で争ったウェンディです。ウィルの収賄捜査が再開されました。

イーライ、カリンダ、ダイアンはDCです。VIP顧客のチーズ組合が大ピンチなのです。農務省を相手に、野菜や果物、穀物などとのアピール合戦になります。強敵は果物組合ロビイストのステイシー・ホール(エイミー・セダリス)。甲高い笑い声と、電話オペレーターのような喋り方のナイスなキャラクターです。

ジャッキーがラップトップをイジってる姿が、録画されていてビックリのアリシアと私。鍵を交換しちゃいますが、痛いところを突かれてしまいます。

ウィルはダイアンに叱られ、負け慣れてない凹むイーライをダイアンが励まし、アリシアはクーン判事の正論にグーの音も出ないで、次回へ続く。