読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

グッド・ワイフ 3-10 家族の絆

海外TVドラマ グッド・ワイフ / The Good Wife

Parenting Made Easy (2011)

こちらの依頼人は、大学を解雇された女性教授パメラさん。解雇した学長を相手に仲裁という形で争います。法廷で裁判ではなく、仲裁なのです。仲裁人はロドニーさん(ジョン・マイケル・ヒギンズ)。時給制だそうで、長引けば稼げます。今回ケイトリンのデビュー戦となります。アリシアがサポートします。学長の代理人はケイトリンと競ったマーサです。アリシアが選んでいた方ですね。白熱の戦いとなります。

マーサの姑息な手に、アリシアは黙っていられなくなります。するとマーサが呼んだのは、なんとケニング(マイケル・J・フォックス)❗️マーサはケニングの事務所に雇われていたのです。更に面白い戦いになってしまいました。争点はセクハラから宗教絡みの話になりまして、今ひとつわからなくなりますが、それでも面白い戦いなのです。

イーライは、未だ敗北を引きずっています。ふと気付くと友達が居ないようで、天井を見つめるしかありません。

ウィル贈収賄捜査は続いてます。何故かヤル気のウェンディ、子連れ調査員ワイリーを雇っちゃいます。この男の捜査がまた、いやらしいのですね〜。ウィルはイーライとカリンダに情報を求めます。

仲裁が終盤を迎えたところで、グレース行方不明事件が発生します。スウィーニーがチクったネオナチの悪人ドニー・パイクが、ロックハート・ガードナーの関与を知ったと報道されてました。コレには焦るアリシア、ピーターは即刻警察を動かします。捜査と云えばカリンダ。活躍して頂きましょう。

フラれた形のウィルが、勘違いしたダイアンに褒められて、次回へ続く。

会うたびにケニングの事務所に誘われるアリシア。環境、給与ともに好条件ですが、我々視聴者を愉しませる為に、移籍しないのでしょうか?