読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

グッド・ワイフ 3-14 大陪審再び

Another Ham Sandwich (2012)

ハムサンドウィッチといえば大陪審。我々にはピンとこない例えですが、ほぼ起訴されてしまうという大陪審です。いよいよピンチのウィルなのです。

すっかり悪人に見えるウェンディ。チャイルズのようになっていますね。ウェンディは意地悪な質問を連発しますが、露骨で稚拙なため、ただの意地悪な人に見えます。対するロックハート・ガードナーの証人達、ダイアンやデヴィッドです。意地悪に見えないプロフェッショナルな意地悪なのです。コレが弁護士の怖いところですね〜。エルズベスの作戦はピーターを担ぎ出すコト。カリンダの騙しもあります。

見事なまでに、意地悪な検事局と気の毒な弁護士事務所の構図になってしまいました。よくよく考えると、我々視聴者と陪審員は、プロフェッショナルの弁護士に騙されてしまった感がありますが、スッキリしてしまうのです。爽快です。

イーライに仕事の依頼です。GLAC(ゲイ・レズビアン協会)から結婚防衛法の対策で呼ばれました。ここでライバル登場です。イーライに敗北を与えたステイシーです。高笑いの登場です。イーライとステイシーのちょっと風変わりな戦いが見ることができます。イーライのお手伝いをするのはケイトリン。天敵デヴィッドの姪御さんということで、ちょっと意地悪に使ってしまうのですが、ケイトリンが実力を見せます。着々とやり手なところを見せてくれるケイトリンなのです。

下劣なイメージになってしまったウェンディが、ピーターに解任されて、次回へ続く。