読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

タイタンの戦い (2010)

Clash of the Titans (2010)

1981年の同名映画のリメイク。私の良く知らないギリシャ神話の物語。星座誕生以前の話だそうです。ゲームやらで名前はよく聞く神様達が出てきます。主人公は、サム・ワーシントン演じるペルセウス。人間の漁師に育てられたゼウス(リーアム・ニーソン)の子。悪役のハデス(レイフ・ファインズ)を倒します。生贄でヒロインなのは王女アンドロメダ(アレクサ・ダヴァロス)。ドラマ"高い城の男"の人ですね。

神と人間のハーフのペルセウスが、叔父にあたる冥界の王ハデスをやっつける物語です。ハデスを倒すには、彼の分身クラーケンを倒さないといけないようです。先ずはクラーケンの倒し方を聞きに、グライアイの魔女に会いに行きます。デカいサソリに襲われ、ゴーストのような砂漠の魔術師が仲間に加わります。

グライアイの魔女に聞いたクラーケンの倒し方は、冥界の神殿にいるゴルゴンのメデューサの首が必要だと。メデューサは髪の毛が蛇の美人さんです。目が合うと石にされてしまいます。

ということで、メデューサ、クラーケン、ハデスを倒していくのです。妖怪モノではありますが、そこはギリシャ神話です。面白い話になっています。壮大です。