読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

グッド・ワイフ 5-21 1パーセントの人々

The One Percent (2014)

アリシアの大口顧客ジェームズ・ペイズリー(トム・スケリット)の会社が合併するそうですが、元CFOに不当解雇で訴えられています。ペイズリーさんは、ケイリーがカリンダとウィルを嵌めるのに利用した人ですね。アリシアが担当します。ゲイが原因で解雇されたという元CFOですが、企業秘密を売ろうとしていたとの正当な理由があり、楽勝ムードです。表沙汰にしないよう、示談で済ませようとしますが、相手の代理人はケニング。そう簡単にはいきません。

大企業の合併ですので、ペイズリーはTVインタビューに答えます。ここでユダヤ人に対する差別発言をしてしまうのです。ペイズリーさんは、良い人そうですが失言が多いのです。日本のお偉方には、よくいますね。アメリカではアウトです。このインタビューでちょっと不利な展開になってしまうのです。攻めるケニングは大陪審に持ち込みます。

勝負のカギは陪審員の人選だそうです。ケニングはセコい戦術を見せてくれます。更にアリシアまでもTVで失敗してしまいますが、ケニングも別件でTVに出て評判を落とすのです。

カストロ州検事がピーターを訪れ、アリシアの家から出るフィンの写真を持ってきました。脅しにきたのですが、思わぬ方向に展開します。嫉妬心でしょうか、ピーターはフィンの支持を保留にしてしまいます。イーライが夫婦仲をとり持つために動きます。ピーターは若いインターンのローレンに近づいちゃったりします。イーライがローレンを遠ざけます。女性が近づくとセックススキャンダルを想像させてしまうピーター、恐ろしいおじさんです。

汚染水被害の集団訴訟で、ダイアンとケニングがバッティングです。同じ事務所で戦えません。ダイアンは、この件で組むレイナ・ヘクトを事務所に引き抜く目論見もあります。エルズベスと独立した6000万$の女です。訴訟よりもレイナ・ヘクトを巡る話になりそうです。

ラップトップの画面のアリシアを見て、帰ろうとしようとしたピーターに、若いインターンとのセックスチャンスが迫ってきて、次回へ続く。