読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

ビッグ・リボウスキ (1998)

The Big Lebowski (1998)

ドラマ"ファーゴ"を見て以来、少々コーエン兄弟の映画に興味が湧いてきました。全く予想外な出来事で、話が進んでいきます。出てくるキャラクターも予想外。私の思い描く普通の人はでてきません。しかし思い描くのは映画の中での話、日常には色々な人がいます。誰でも掘り下げれば、変わり者なのです。考えさせられてしまいますが、映画は考えて観てはいけないとの私の考え。面白い人の面白い出来事を愉しみましょう。

舞台は1990年代始めのLA。湾岸戦争の頃です。主人公は、LAを代表する怠け者デュード(ジェフ・ブリッジス)。無職です。本名はジェフリー・リボウスキ。彼のボーリング仲間ウォルター(ジョン・グッドマン)とドニー(スティーヴ・ブシェーミ)。ウォルターのはベトナム戦争経験者のちょっと過激な角刈りの男。ユダヤ人ではないがユダヤ教徒。ドニーはサーファーだそうですが、口を出すたびウォルターに遮られる小心者です。3人のチームが戦うボーリング大会は、物語に並行して行われています。

物語はデュードが自宅で侵入者に襲われたコトから始まります。ガラの悪い2人が妻の借金を取り立てにきたようですが、デュードは独身の貧乏人。同性同名でリッチマンのジェフリー・リボウスキ(デヴィッド・ハドルストン)と間違えられたのです。その後、問題の妻バニー(タラ・リード)が誘拐される大事件が起こります。リッチな方、ビッグ・リボウスキの秘書ブラント(フィリップ・シーモア・ホフマン)がデュードに、事件解決の手伝いを求めます。

その後は、変わり者の方々が絡んできまして、どんどん解決とは遠ざかってしまう出来事が起こるのです。複雑になります。そのため何度も見てしまうという、制作側の作戦でしょうか?見直しても愉しめるのです。

デュードに絡んでくる方々はこちら。先ずはビッグ・リボウスキの娘モード(ジュリアン・ムーア)は前衛芸術家。変わり者っぷりを見せてくれます。デュードを襲ったのはポルノ映画プロデューサーで闇金もやってるジャッキー・トリホーン(ベン・ギャザラ)の部下。身代金を受け取りにきたのはニヒリストの集団。ニヒリストなんて、他の映画では見たコトがありません。こちらのリーダーはウーリ(ピーター・ストーメア)。元ミュージシャンだったり、ポルノ映画に出演していたりしています。誘拐されたバニーはポルノ女優だったのですね。

そんなこんなで、話をまとめられないくらいの複雑なお話。とにかく変わり者達を愉しみましょう。濃いキャラクターの俳優が揃ってますので、混乱はしません。何度も見ましょう。