読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

グッド・ワイフ 6-10 裁かれる弁護士

The Trial (2014)

どうみても無罪のケイリーですが、どうしても逃してはくれない検事局ですが判事はクエスタさんに代わりました。クエスタさん、チケット受け取りのため、急いじゃったりします。躍起になってるパイン検事補は、何やら怪しい恋愛関係があるようですよ。ちょっと誰だかわかりませんでしたが、カギを握ってそうな予感です。なによりカストロが諦めないのです。

選挙に専念しているアリシアですが、スゴいジョークをぶちかましてくれました。体育教師を殺すとかって手紙に書いちゃいました。コレはグレースとのジョークの手紙。しかしマスコミに漏れてしまうのです。アリシアを知る皆んなが、「体育教師を脅した」と知ることになるのです。

しつこい検察も困りますが、ビショップも怖いのです。迂闊なコトはできません。決死の覚悟でしょうか?カリンダがビショップの家に行きます。アリシアがフィンから手に入れた写真を持って、脅しのようなコトを言ってしまうのです。見てるコッチがハラハラしてしまいます。コレが原因かわかりませんが、最後の証人ダンテを証言台に立たせますが、ケイリーには不利な証言をさせられます。もう後がありません。

ビショップが海外逃亡を勧めます。バルセロナでで弁護士の仕事をくれるそうで。コレを断るケイリー、有罪を認めちゃって、次回へ続く。