読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

フライペーパー! 史上最低の銀行強盗 (2011)

Flypaper (2011)

閉店間際のクレジット銀行。怪しい風貌の人達が来店しています。賢そうな怪しい男トリップ(パトリック・デンプシー)は、窓口のケイトリン(アシュレイ・ジャッド)のところへ。100$の両替を頼みますが、コレが厄介。素数を並べたという面倒な両替なのです。ケイトリンの金持ちとの結婚話で盛り上がっていると、頭の回転の速いトリップが、銀行強盗に気づくのです。

そして銀行強盗発生なんですが、何と2組の強盗がバッティングです。SWATばりの装備は3人組
ハゲのユダヤ人ワインスタイン、黒人のダリエン、金髪のハッカーゲイツ

軽装のチンピラ風は2人。タトゥー丸出しのピーナッツバターと、半ズボンのデブはジェリー。顔も丸出しです。

どちらともなく撃ち合いが始まりまして、客の1人が巻き込まれて死亡です。割って入るトリップ。金庫狙いの3人と、ATM狙いの2人組は別々にやったらいいと進言し、その場を仕切ってしまうのです。それぞれの盗みがコミカルに始まります。トリップを含む客と銀行員達は、当然人質になります。

人質になっても抜け出しちゃったりするトリップ。色々な事に気づいちゃうのです。撃たれて死んだのはFBIだったり、2組の強盗以外に撃たれていたりと。その後、マネーロンダリングをしていたスイス銀行の美人さんやら、強盗達と続々と死者が出るのですが、そこには大変なトリックが隠されていたのです。

ゲイツが見せてくれるFBIの銀行強盗ランキング。ゲイツは60番代ですが、サイバー犯罪では上位にランキングされています。ピーナッツバター&ジェリーは600番代だったりします。そしてこの封鎖されたクレジット銀行内には、1位のドラムと3位のアレクシス・ブラックがいるのです。

コメディタッチに描かれた謎解きとなっております。暴いていくのは、TV依存性で頭の回転の速い変わり者トリップ。結末はもちろん、面白いキャラクター達を愉しめます。