読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

ゴーン・ベイビー・ゴーン (2007)

Gone Baby Gone (2007)

デニス・レヘインの小説「私立探偵パトリック&アンジー」シリーズの4作目「愛しき者はすべて去りゆく」が原作。舞台はボストンのドーチェスター。貧民街で、出演者達はみなさん貧乏に見えます。パトリックはケイシー・アフレックが演じ、アンジーはミシェル・モナハン。決してやり手には見えないパトリックですが、何か狙いがあるはずです。華がないとか言ってはいけません。

貧しい街で独特のコミュニティができているドーチェスターで、少女アマンダが行方不明になる事件が発生しました。マスコミにも取り上げあられた事件ですが、アマンダの叔父ライオネル(タイタス・ウェリバー)と叔母ビー(エイミー・マディガン)は、私立探偵のパトリック&アンジーに捜査を依頼するのです。

パトリック&アンジー経由で警察に捜査協力を依頼、ジャック・ドイル警部(モーガン・フリーマン)に、レミー(エド・ハリス)とニック(ジョン・アシュトン)の2人の刑事を紹介してもらい、4人での捜査が始まります。

アマンダの母親へリーン(エイミー・ライアン)はジャンキーでして、子育てもままならない状況です。そんなへリーン、友人の売人レイと一緒に、麻薬ディーラーのチーズから大金を盗んじゃってたのです。コレに絡んだ誘拐事件かと思いきや、複雑な構造になっているのです。

少女の事を考えて、大人達がそれぞれに行動します。土地柄もあるのでしょうか?コミュニティ内では法外な事もまかり通ったりします。法的にはアウトでも、少女を守るための手段。哲学的な答えのでない結末になるのです。考えてさせるように作った映画でした。