読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

The Mentalist / メンタリスト 6-1 砂漠のバラ

The Desert Rose (2013)

間が空いてしまったので、思い出しながらのシーズン6となります。そうです。ジェーンが絞ったレッド ジョン候補のリスト。レッド ジョンにもバレてますね。候補は7人。リズボンには教えました。
ブレット・パートリッジ (鑑識官)
ゲイル・バートラム (CBI局長)
トーマス・マカリスター (ナパ郡保安官)
ブレッド・スタイルズ (ビジュアライズ教祖)
レイ・ハフナー (元CBI捜査官)
リード・スミス (FBI捜査官)
ボブ・カークランド (国土安全保障省捜査官)

そして早速の事件。現場はサクラメント、野球選手コーディ・ベンボウの自宅。ジェーンとリズボンが行きます。コーディの婚約者が殺害された事件ですが、ジェーンの推理ですぐに犯人がわかります。危険な目に遭いながらも解決。

警官1人が撃たれたので、局長に責められるジェーンとリズボン。局長はリストの1人でもありますね。停職か地元警察管轄外か問われ、ソルトン湖へ向かう2人なのです。

砂漠で見つかった白骨化遺体の捜査です。現場には検死官パートリッジがいます。この人もリストの1人。2人はモーテル兼営のダイナーに立ち寄ります。遺体の身元が判明し、被害者の奥さんの家へ。離婚の予定だったという妻は、悲しみを見せません。そこへ被害者の連れ子が現れます。妻とはいがみ合う連れ子ですが、過去に肉体関係があったりします。妻は夫に10万$貸していたメキシコの男アレク・グリーンが犯人だと。連れ子は妻が犯人だと。アレクは妻かイかれた息子が犯人だと。

ダイナーに3人を呼んで、ジェーンの謎解きショーとなります。霊感のあるというウィトレスを使って、コックリさんのようなコトをします。そしてこちらもあっさりと解決してしまうジェーンなのです。

それはさておき、肝心な話はレッド ジョンです。リズボンは、ヴァンペルトにリストの7人の名を明かし、GPSで24時間監視するように言ってしまうのです。レッドジョンに関わってはいけないのです。ターゲットになってしまうのですから。ヴァンペルトからリグスビー、リグスビーからチョウへと、チーム全員が知ることになってしまいました。後追いでダイナーに来たチームの顔を見て、すぐに気づくジェーンなのです。

CBIのオフィスに戻ったリズボン。匿名の通報がありまして、同じ場所には鑑識のパートリッジが居ると、GPSを追ってる画面で確認。リズボンが1人で行っちゃってみると…という具合に、早速レッドジョンの罠に引っかかるのです。

リズボンの顔に、血で😃スマイルマークを描かれちゃって、次回へ続く。