読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

俺たちニュースキャスター (2004)

Anchorman: The Legend of Ron Burgundy (2004)

ウィル・フェレル映画ですね。下ネタ満載で、ゲストが豪華です。

舞台は70年代のサンディエゴ。太い口髭がセクシーな時代です。ローカルTV局の人気キャスターはロン・バーガンディ(ウィル・フェレル)。チャンネル4ニュースのアンカーマンです。スポーツ担当チャンプ・カインド(デヴィッド・ケックナー)。お天気キャスターのブリック・タムランド(スティーヴ・カレル)。突撃リポーターのブライアン・ファンタナ(ポール・ラッド)。サンディエゴでは大人気なのです。局長はエド・ハーケン(フレッド・ウィラード)。

そんなTV局に美人女性キャスターのヴェロニカ・コーニングストーン(クリスティナ・アップルゲイト)が、ノースカロライナ州アッシュビルからやって来るのです。まだまだ男社会のニュース業界、セクハラだって罷り通る時代です。ヴェロニカは口説かれるばっかりで、仕事は回ってこないのです。

ロンはヴェロニカを口説き落とすことに成功。決め手はジャズフルート。ヴェロニカには、付き合っている事を口止めされますが、黙ってはいられないロンなのです。TVでだって言っちゃうのです。

事件が発生します。ジャック・ブラック演じるバイカーに、愛犬バクスターを橋から落とされてしまうのです。ヴェロニカが代役を務めます。コレが大好評。その後、ロンとヴェロニカとのダブルキャスターでの番組になるのです。ロンは一転、ヴェロニカを恨みます。恨みつらみを黙ってられないロンです。番組も滅茶苦茶になり、ヴェロニカの作略で降板、魂が抜け堕落してしまうロンなのです。

TV局対抗のストリートバトルがあります。続編では更に豪華になっていましたが、こちらも豪華です。ティム・ロビンスベン・スティラールーク・ウィルソンと。何故かバイオレンスに戦うのです。

パンダの赤ちゃんが産まれるということで、各社動物園に集まります。そこでティム・ロビンスが、ヴェロニカを熊の檻に落としてしまうのです。ロンを呼ぶ局長エド。そして話はキレイにまとまるのです。

エレガントにさようなら。