読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

トランジット (2012)

Transit (2012)

現金輸送車を襲い、400万$を奪った武装強盗団。"24"などでお馴染みジェームズ・フレイン演じるリーダーが率いる4人組です。艶消しの黒い70年前後のマッスルカーで逃走中。ガソリンスタンドで、検問をすり抜ける作戦を考え中です。

そんなガソリンスタンドに偶然寄っちゃったのは、キャンプに向かう4人家族。お父さんネイトはジム・カヴィーゼル。私の中では"シン・レッド・ライン"の逃走兵です。この映画では、不動産詐欺で捕まり、出所したばっかのお父さんです。この家族の車が、強盗団の目に留まりまして、荷物に400万$入りのバッグを紛れ込まされてしまうのです。

両車は無事に検問を通過。そして強盗団は400万$を追います。ネイト家族は訳がわかりませんが、怖い車が追っかけてくるので、必死になって逃げるのです。

追う強盗団は、冷血なリーダーとその彼女、ちょっとイケメンな白人ドライバーと、ちょっと抜けてる黒人の信頼し合っていない4人組。仲間割れしながらの追走です。終われる側も家族喧嘩しながらの逃走で、観ている我々は飽きない作りになっています。

途中、奥さんに追いて行かれちゃうネイトはジャングル地帯を彷徨います。そこはジム・カヴィーゼル、ジャングルでの逃走が似合う男なのです。かたやジェームズ・フレインは、車横転で爆破したり、撃たれても死なないというしぶとさを持っています。

変な勘ぐりをせず、観たままを受け入れて愉しみましょう。