読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

NCIS:LA〜極秘潜入捜査班 7-4 指令

Command & Control (2015)

お馴染みの爆発で始まりました。そしてエリック&ネルの寸劇。カレンが、サムのアサイーのウンチクを聞いていると、自転車メッセンジャー🚴が携帯電話を置いていきます。何者かから電話がかかってきて、爆弾で脅され振り回されるという、実際には聞きませんが、ドラマでは良く見る事件です。

電話の主は、早速バス停を爆破。コレはもう言うことを聞かないといけませんね。サム&カレンは指示どおり動かされることになります。1100万$分のダイヤを盗みに行くことになるのです。

異変に気付くNCISオフィス。電話の主の正体がわかります。男はチャド・ブランソン。弟タイラーが、海軍の船でヤクを密輸、サムに撃ち殺されています。サムに恨みを持っているのでしょう。この時、アンジェロと一緒に捜査云々とかいう話ですが、忘れてますねー。以前あった話なのでしょう。チームはサム&カレンも発見します。

グレンジャーとネルの"ベスト・キッド"コンビが手がかりを見つけます。宅配トラックに爆弾を乗せているようです。ターゲットはモーターショーが開催されているコンベンションセンター。ダイヤを盗んだサム&カレンはLAPDに手配されてしまいます。逃げながら爆破阻止に向かう2人なのです。といったエピソード。銃撃戦もあります。

どうやら内通者がいるようで、次回へ続く。