読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

LOST 1-3 眠れぬ夜

Tabula Rosa (2004)

保安官が危険だと言うケイト、ジャックが知ることになります。ハーリーも知っちゃいまして、後に動揺してしまいうことになります。

山の6人はキャンプで夜を明かし、ビビりながらも無事に帰って来ました。謎の救援信号の話は、みんなには言えません。シドニー発の飛行機だとわかりましたね。こちらでは信頼されてるケイトが銃を預かります。

今回はケイトの搭乗前の回想シーン。羊小屋で寝ていたところ、初老の主人に見つかりまして、優しい主人の計らいで、農場で働くことになります。3ヶ月後こっそり去ろうとしますが、主人に見つかるも、優しい主人です。翌朝車で送ってもらうことに。車に乗っていると、尾行されてます。あの保安官です。ケイトは2万3千$の賞金首だったのです。借金のある主人がチクっていたのです。車を横転させたケイト、逃げずに火の着いた車から主人を救出。人の良さで捕まってしまうのです。

ウォルトのお父さんが犬を探しにジャングルへ。猛獣の声を聞き、ダッシュで逃げると裸の韓国妻と鉢合わせ👀何も見てないと言って去るのでした。

メインは苦しむ保安官を巡ってのお話。不安なケイトが近づいてきます。夜も呻き声をあげる保安官、楽にしてやれとの意見も出ます。医者であるジャックは殺せません。ケイトと2人にするのは危険と思うジャックですが、保安官の希望で2人きりで話をさせます。すると銃声が聞こえました。ジャックが駆けつけると、ケイトは離れた所に。保安官に頼まれたとも言います。中から出てきたのはソーヤー。しかし未だ呻き声が聞こえます。ソーヤーが最後の一発を撃ったのですが、外していたのです。困ったジャックがカタをつけるのでした。

ハゲのロックさん、ウォルトと仲良しになり、何を作っているのかと思えば犬笛。犬のビンセントを見つけます。ケイトが事情を話そうとしますが、ジャック理由は聞かないと男っぷりを見せるのです。

良い感じのコミュニティができてきました。ロックさんの怪しいアップで、次回へ続く。