ARROW 2-5 リーグ・オブ・アサシン

League of Assassins (2013)

島の物語。沈没前のお話ですね。これからセックスって時に海に落ちたサラ、セクシーな下着姿で漂流です。救助してくれたのは檻のある船。やっぱり檻に入れられるますが、隊長のDr.アンソニー・アイヴォが出してくれました。

今回はそんなサラの物語。古代から続く伝説の暗殺集団リーグ・オブ・アサシンに救われ、ナンダ・パルパットで戦士になったそうで。組織では別名タイル・アル・サフェルと名乗り、アラビア語カナリアという意味だそうです。脱退厳禁の組織から逃げて来ちゃったようで、追っ手がやって来るのです。追っ手はマルコムを鍛えたというアル・オワール1世。黒フード姿で現れます。サラをフェリシティとディグルにも紹介します。

モイラの裁判。訴訟担当にローレル加わります。仮釈放のある終身刑で司法取引を持ちかけますが、無実を訴える弁護士ジーン。しかしモイラ、探られては困る腹の中があるようで、取引に応じると言います。隠しごとに敏感なオリバーに促され、取引を断るモイラ。まだ秘密を言えません。

フェリシティがアルのアジトを見つけ、アロー&サラが強襲。アルの連れの黒フードが2人加担してきまして、劣勢になりワイヤーでピューっと撤収です。サラの身体も傷だらけですね。そしてサラの家族が心配になってきました。

ランス巡査にはフェリシティが危険を伝えますが、話を聞きません。意を決したサラが涙のご対面。父と中華レストランへ行くのです。中国語を話せるサラ、物音に反応してマスクの女と気づかれてしまうのです。
ローレルはオリバーが食事に誘います。飲まなかったローレルを部屋に送りますが、キスを拒んじゃうオリバー。みんなが離れてくと悲観的なローレルがやっぱり心配です。部屋にアル達の痕跡、狙いは父親と気づきます。ローレルは薬飲んじゃってます。
サラと父の所に黒フードトリオ登場。ピンチになってアロー登場。ランス巡査も頑張ります。サラは父の目の前で殺しを見せてしまい、家には戻れないと。

ローレルが心配でたまらない父、やっぱりサラの事は言えません。サラは街を出たようです。オリバーとディグルがウォッカで乾杯。隠すのに疲れたと、5年間島にいたわけではないとか言い出して、次回へ続く。