デスパレートな妻たち 2-6 妻として女として

I Wish I Could Forget You (2005)

人生ことごとくフラれてきたというジョージ。何故か受け入れるブリーといよいよセックス。しかし直前にブリーにじんましん発症で未遂に。ブリーがカウンセラーに相談に行くと、精神的なものだと。それでもホテルで強行します。ジョージの変態的な策略に、ブリーは気づいてません。

家に戻ったポール、平然と芝刈りなんかして、通報されてしまいます。マイクが庇ってその場を凌ぎますが、そんなマイクにスーザンがビックリ。マーサの日記を提出しろとか言いますが、イーディの火事の事も書いてあると言われてしまいます。

スーザンは母親のウエディングドレスの準備。突如現れたポールに怯えて、ザックにバス代を渡してユタ州に行かせたと暴露。

弁護士デヴィッドが裁判所で撃たれてしまう事故。病院に見舞いに来たガブリエルに惚れちゃったようです。審問途中で放棄してしまいます。カルロスは浮気のため仕組んだと疑う始末。ガブリエルの策にかかったデヴィッド、弁護士続行です。カトリックだから離婚はしないが、ガチガチではないから不倫はするとは、ガブリエルの名文句。

気づけば良いスーツを持ってなかったリネット。スーツを新調しますが、トムの反対で返品するコトに。返品前にプレゼンで使用したところ、値札をニーナに取られてしまいます。カーボンシャフトのゴルフクラブでトムを説得です。

ザックをユタに行かせた事を知ったマイク、ウエディングドレス姿のスーザンに別れを告げて出て行きます。泣きじゃくるスーザンの元に奥さん達が集まってきて、次回へ続く。

デスパレートな妻たち 2-5 悲しいすれ違い

They Asked Me Why I Believe In You (2005)

リネットのボスのニーナはイライラ体質。古式ゆかしき方法ということで、リネットはニーナをバーに誘い、男をナンパして解消しました。コレにハマってしまったニーナ、連日リネットをバーに連れて行くのです。声掛け係になってしまったリネット、モテ女性対決を制して、解放されました。

スーザンの心の支えである出版エージェントのロニー・ムーン(ウォーレス・ショーン)。スーザンを訪ねて来て独立すると。しかし原因は横領。濁してましたが、家も家族も失うほどのガッチリした横領。スーザンは移籍しません。勘違いでキスされちゃってビックリです。

カルロスが、6年間無敗の敏腕弁護士デヴィッドと初対面。一目で浮気を心配し解雇宣言。依頼人には手を出せないと説得され、雇うことになります。

レックスの遺体の返還要求をしたブリー。ポーカーの日に再埋葬の儀式をすると発表。イーディの余計な一言が面白いです。遺体引き取りの際に、刑事に遭遇。レックスの書いたメモで夫殺しの容疑者になったと知るのです。レックスは元の場所には埋葬せず、墓地の端っこに埋められてしまいました。

アップルワイト家の地下に監禁されている男の名はケーレブ。シカゴの女子高生メラニー殺しに関わっているようです。違う犯人が捕まったとのニュースを見たベティ、警察に真犯人告発の手紙を出します。

逃亡したポールは近くにいるのでしょうか?次回へ続く。

デスパレートな妻たち 2-4 父親の本分

My Heart Belongs to Daddy (2005)

ガブリエルは夫婦面会を求めての物語。それどころじゃないという弁護士を解雇。新たな弁護士は町一番の売れっ子デヴィッド・ブラッドリー。やり手弁護士ではありますが、依頼主を口説いちゃったりしてる男。ガブリエルも口説こうとしますが、駆け引きではガブリエルが一枚上手。夫婦面会にこぎつけますが、何故かカルロスには語らないのです。

スカーボ家では、パーカーの架空の人物マルベリーさんに頭を悩まされるリネットです。母が仕事復帰してから、メリーポピンズの影響を受けて乳母マルベリーが現れたそうで。学校でも問題を起こします。リネットの策略はアクシデントで、マルベリーさんが死亡という結果に。

スーザンがザックのことを受け入れると、ザック捜査に協力し始めました。ザックを見つけ逃げられますが、マイクには内緒。後に密会、連れ戻そうとしますが、やっぱりジュリーが心配で、ザックにポール探しを勧めます。

ブリーとの距離を徐々に縮めていくジョージ。拒絶するアンドリューとぶつかります。ジョージの未だバレない陰湿な策略で、アンドリューは更生キャンプ送りに。

各々が巡らす策略のエピソードでした。裏工作をしないトムが非常に良い父親ということで、次回へ続く。

デスパレートな妻たち 2-3 仮面生活

You’ll Never Get Away from Me (2005)

教会のファミリーショーで歌うコトになったジュリー。ギターのイーディと、ピアノのスーザンの戦いに。

潜んで暮らすアップルワイト家。地下の人が出て来ちゃったり、スーザンにピアノのレッスンをしたり。徐々に近所と付き合い始めます。

不倫のわだかまりが残るソリス夫妻。度々ジョンを覗きに行くガブリエルは、ジョンが雇い主のオバちゃんとヤっているのを見てしまいます。遂にジョンに見切りをつけて、カルロスに言い訳無しの涙の謝罪をするのです。

スカーボ家は三男パーカーの入学式。会議のリネットは、TV電話で仕事と両立します。

姑フィリスの疑いから、夫毒殺の容疑者になったブリー。フィリスを追い出し、自らポリグラフ検査を受けます。子供達の前で、ジョージを愛してるかの質問に反応してしまいました。レックスは掘り起こされ、警察が解剖。

フェリシアが退院しました。ザックにやられた怪我は、中々の重傷。見舞いに来たマイクに、ポールは殺すべきだったと怖いコト言ってます。

新たな容疑者ジョージはポリグラフテストをパス。次回へ続く。

デスパレートな妻たち 2-2 不愉快な身内

You Could Drive a Person Crazy (2005)

新聞配達少年ダニー、新聞投げで住民達の天敵になってます。

スーザンとマイクの仲は少々の距離が離れまして、元夫カールはイーディの家にお泊りしてます。ジュリーは黙ってましたが、半年前からの関係だそうで。愉しく争うスーザンとイーディなのです。イーディはスーザンの車に轢かれちゃいました。

仕事に復帰したレックス。主夫トムの片づけない問題が発生。ネズミ1匹で解決します。

小切手のサインは自分のみと、何とか主導権を握ろうとするカルロス。ガブリエルは毎日面会に通う生活。カルロスが脅された事件をきっかけに、上手いこと切り抜けるガブリエルなのです。

アップルワイト家の地下には誰がいるのでしょうか?罰を与えているそうですが、激しい物音を立てるようになり、ベティが嘘のカウンセリングで睡眠薬を入手。

人前では感情を露わにしないブリー。姑フィリスはみんなに泣き言を言いまくり。病院の医師がレックスが遺した「君を許す」とのメモを発見したり、ジョージが近づいて来たりと、火種がくすぶり始めてます。

姑フィリスは保険会社に電話、ブリーに男がいると密告。ブリーとジョージのツーショット写真を撮る保険会社。次回へ続く。

デスパレートな妻たち 2-1 新たな謎

Next (2005)

シーズン2始まりましたが、今までの続きです。マイク帰宅で銃を向けるザック。見事にスーザンが暴発させてくれまして、アルコール依存性のオバさんアイダの酒瓶に当たるのです。

スーザンは負傷して病院に。ザックは告訴しないと庇うマイク。ザックはマイクの息子だったのです。それを聞いたスーザン、ザックは受け入れられないと、同居は解消です。

図々しく家に上がり込んでるジョンを、ガブリエルは追い出します。カルロスの面会に行くと、怒りのカルロスは口を聞いてくれません。最後にDNA鑑定をしろと。コレは適当な書類でゴマかすガブリエルなのでした。

トムは専業主夫になり、リネットは面接に。仕事に家庭は持ち込まないと大見栄をきりますが、トムがギックリ腰で、最終面接には赤ちゃん連れ。オムツ交換と同時進行のプレゼンで、見事に採用です。

レックスの葬儀です。ブリーは常識を重んじ、9時になってから夫の死を報告。その後はレックスの母との小競り合い。式では新住人のアップルワイトさんにオルガンを弾いてもらいます。そしてブリー、キリッとした姿でみんなをビックリさせてくれました。

ピアノの上手い新住人ベティ・アップルワイト。息子マシューに銃を持たせて、地下室に食事を運びます。誰かを監禁拘束してます。次回へ続く。

エクス・マキナ (2015)

Ex Machina (2015)

将来、AIが人間を超えるって話をたまーに聞きます。トップ検索エンジン会社が、人間を超えちゃったAIを作っちゃった物語。

ケイレブ・スミス(ドーナル・グリーソン)は、検索で有名な会社ブルーブックのプログラマー。抽選で当たり、社長の別荘に旅行です。

場所は広大な大自然広がる山の中。スクリーン映えする景色。誰も住んで居ないような所にハイテクな施設があるのです。別荘と思ったら、社長のネイサン(オスカー・アイザック)が住んでました。そしてAIの開発研究施設でもあったのです。

ケイレブは、ネイサンの意図で連れてこられたのですね。機密保持契約のサインをして、エヴァチューリング・テストなるものの始まりです。

エヴァ(アリシア・ヴィキャンデル)は女性型のロボットですが、スケルトンで中身が見えちゃってます。

英語が話せないというメイドのキョウコ(ソノヤ・ミズノ)も施設に居まして、実はロボットだったりします。

テストをしていくうちに、ケイレブとエヴァが脱走計画を立てるのですが…実はAIが人間の感情を動かせるかっていう実験だったのです。彼女のいない良い人のケイレブは、見事にハマってしまった形でよろしいのでしょうか?話が高度で、私わかってないかもしれません。

もう既に、人間社会の中にAI搭載ロボットが紛れ込んでいるコトでしょう。若くて頭の良い美人さんはロボです。