ARROW 1-19 使命と友情

Unfinished Business (2013)

島での物語。ブレイクと対等に戦えるシャドーが、オリバーを鍛えます。ひたすら水叩きをさせられるオリバーです。フェイは元人民開放軍の将軍だったそうですが、大虐殺の犯人の仕立てあげられ島流し。現在はファイアーズの企みの犯人に仕立てあげられそうになっているのです。シャドーは拉致され気づいたら島にいたとのこと。オリバーの水叩きの成果は、弓を引けるようになりました。

流行っちゃって儲かりだしたヴァーダントで、ぶっ飛んでる女が外に出て車にはねられました。何と憎き薬物ヴァーティゴがまた出回ってるのです。精神科病院の伯爵を、各々確かめに行くアローとランス刑事。伯爵は無事に狂ってるようです。そんな伯爵、脱走しました。クレイジーな伯爵は水族館で大暴れ。紫と緑の薬を飲んでたと言います。薬草を煎じながら殺さなかったコトを後悔するオリバー。アローになって水族館へ。逃げる伯爵に助けにきたと言ったところで、伯爵失神です。

ディグがヴァーティゴを買いに行き、札束に追跡装置を仕込みます。フェリシティが売人追跡し、小売現場にアロー登場。車も爆発の矢を使いましたが逃げられました。

復活したデッドショットが暗躍しています。噂どおりの的確な狙撃。情報を聞いたディグは動かずにはいられません。オリバーの電話にもでないで、元同僚の女性に会います。デッドショットの情報を教え、君の組織に任せると。この女性、映画"スーサイド・スクワッド"に出てきた政府の組織"ARGUS"の人のようです。

死亡した女性の最後のメールはトミー宛。口座の1万$も消えてるということで、警察に疑いをかけられるトミー。ランス刑事とオリバーに薬物関与を疑われ拗ねてしまいます。実はコレ、毎日100件もくるという"店に入れてメール"と、地下室を隠す為に賄賂を渡して立ち入り検査を逃れていたものなのです。

捜査令状を取っちゃったランス刑事。いよいよヴァーダントが家宅捜査されるのです。勿論地下室も調べると。我々視聴者が焦らされまして、地下室へのドアを開けると、古びた物置部屋でした。転がってる箱の中にはお酒。難を逃れますが、トミーとの確執が深まるオリバーなのです。デッドショットに夢中のディグとも揉めます。改装にビックリのフェリシティに、改装とディグのことはロングストーリーだと。そして新型ヴァーティゴの件、実は伯爵がクレイジーを装ってるのではないかと。

製造所にアロー参上。意識朦朧の伯爵を見て固まってたら、ヤられてしまいました。犯人は精神科病院のドクターでした。アローの正体がバレます。ドクターは、伯爵の腎臓から逆算してヴァーティゴを製造。金の為だと。病院から警察の目を背ける為に、伯爵を脱走させたのです。ビーカーにいっぱいのヴァーティゴを飲まされるオリバー、爆破で脱出し助っ人のディグに救われます。矢に仕込んだ薬草を飲み。目眩の中、三本の矢を射るのです。博士と助手を殺しましたが、正常ではないと確信した伯爵は射らないのです。

反省のランス刑事はバーで一人酒と思ったら、断酒を守ってソーダを飲んでました。
伯爵は空っぽだったとオリバー。許すに値しないのはデッドショットで、決着がついていないと。
拗ねてるトミーがクラブを辞め、マルコムに仕事を頼みに行き、次回へ続く。

ARROW 1-18 救世主

Salvation (2013)

島での物語。取引に応じたファイアーズと対面。人質シャドーを連れてきて脅してきました。取引決裂です。乱闘になると、シャドーが強い。フェイとシャドーと一緒に逃げますが、追っ手増えフェイが脚を撃たれます。置いて行けと言うフェイを残して、基盤を隠した所に行きます。基盤がありません。企みを知ってるから島から逃がさないとシャドー。知らないとオリバー達。シャドーが知ってました。

リストのジョン ニッケル氏は悪徳開発業者。オリバーは今夜リストから消すと張り切ってます。高層階に住むニッケル。不穏な気配でアローと思ったら一足遅く、違う人に拉致されました。青い爪のフェリシティに調査を頼みます。では次の標的と意気込むオリバーから、手帳を取り上げるディグなのです。
いちゃいちゃする仲になったロイとテア。強盗する予定のロイを、テアが叱り出て行くのです。テアは、"悪い男" が得意分野のローレルに相談します。人には「逃げろ」とアドバイスするローレルなのです。

そんなローレル、両親が仲良くサラのコトを調べ出していて、なんか腑に落ちません。中国大使館の同窓生に写真の女性を調べてもらうと、サラじゃなく似てる人だと判明。死んだと言うランス刑事ですが、諦めきれない母。止めなかった私が殺したと後悔しているのです。帰る母に、電話してとローレルが声をかけます。

ディグ&オリバーはいつものビッグベリーバーガー。周囲がざわつき、フェリシティから電話。ネットで捕らわれたニッケルの映像が流れていました。拘束され罪を白状させられています。そして銃殺。犯人は"Who's next"。サイトは暗号でガチガチ。NSAもマークしているハッカーの名は"救世主"。身元はわかりません。
そして新たな映像。拘束されているのは地方検事補ギャビン・ガーナハン。悪人を起訴しないとか、酒店強盗が不起訴とか言ってます。わかり易い反抗を行なってしまった"救世主"。被害者の夫ジョセフ・フォークと目星がつきました。元は市の交通局コンピューター技師で1年前に退職。現住所不明です。囚われのガーナハンに、10分の弁明の時間を与えます。

急いでフェリシティが発信元を特定します。昼間なのでフードなしのオリバー。バイクで急行したアパートの全てドアを蹴破りますが居ません。場所が動いたとフェリシティ。オリバーがビルをジャンプして移動すると、今度はただの空き地。死刑と言われたガーナハン、銃殺されてしまいます。ショックを受けたフェリシティが落ち込みます。

ロイとテアに声をかけてきた男が、いきなりロイの首に注射。テアは吹っ飛ばされ、ロイが拉致されました。何とフォークの次のターゲットはロイ・ハーパーなのです。
ヴァーダントのアジトでは音を解析。ディグが昔あった地下鉄の音だと気づきます。移動していた場所は地下鉄の駅。奴は廃線になった地下にいたのです。地下鉄跡に行くアロー。電車が走ってます。ロイが開き直り、殺せと言ったところでアロー登場。セカンドチャンスを与えろと諭しますが、フォークが言うことを聞かないもんだから射抜いちゃいました。

クラブで泣くテア。ロイが戻りました。ポケットには大事そうに矢が入ってます。ローレルも来店。落ち込んでないふりのオリバーに、母のことを話します。オリバーは、もう島から出たいとディナーに誘うのです。

暗殺失敗のモイラとフランク。フランクは念のためアマンダはロンドンに行かせると。バレないと言っていたモイラですが、トライアドの幹部が逮捕され、マルコムが手を回します。モイラがフランクを売ってしまったのか、トライアドに送金した証拠をマルコムに渡したようです。黒いフードが現れ、フランクを黒い矢で殺してしまうのです。アマンダは殺さないでと頼むモイラに、見せしめだと黒フード。

アジトではPCの画面に旧地下鉄の路線図。オリバーが手帳のマークと同じと気づいて、次回へ続く。

ARROW 1-17 女神の暴走

The Huntress Returns (2013)

ヘレナが久しぶりに登場。どうやら司法取引で父が釈放されたようで、ストリップクラブで父の弁護士ガスを問い詰め、ボウガンで殺してしまうのです。

ローレルは2ヶ月ぶりに父に連絡し、母と引きあわせるのです。サラが生きてると、旅行者が撮った微妙に似てる写真を見せたりします。3年音沙汰なしだった母。動揺した父は帰っちゃうのです。後にローレルと会い、調べたファイルを見ろと言われてしまいます。

クラブが完成。名前はヴァーダント。DJはスティーブ・アオキ。オリバーがデートしたことのある彼の妹の口利きだそうで。グレイズ地区歩くテア。ロイを見かけ、クラブの駐車係に職を世話すると。

アジトで、ディグにヘレナの映像を見せられたオリバー。自宅に帰ると、テアと仲良くヘレナがいました。証人プログラムで釈放された父を狙う協力を求めてきました。オリバーとトミーの仲も心配ですね。殺人犯だとか言われちゃいます。
そんな中、ヴァーダントのオープニングパーティー。ローレルと会っても変なトミーです。ロイには電話して明日から出勤が決まったとのこと。そんなトミーの前ににヘレナです。ちょっとの隙に、地下で腕を極められちゃってるトミーなのです。ヘレナの強引な協力要請に渋々了承のオリバー。フェリシティの存在もバレちゃいました。今夜バーティネリは、証言のため司法省へ護送する予定。2台の車を使い、1台は囮との情報を教えます。敵は殺す主義と怖いコトを言うヘレナです。

手首に包帯のトミーはローレルの事務所に。ロイはバッくれたそうで。ローレルに正直に話せないトミーは困り顔。アメリカ人は嘘と隠し事に厳しいのです。テアはロイの家に行き問い詰めますが、金持ちからの施しが嫌と言うロイ。帰りにテアがチンピラに絡まれると、ロイがアクロバティックに助けますが、脇腹を刺されてしまいました。病院に連れて行き、注射に怯むロイにキスして気を紛らわすテア。大人のテクニックを持つ18歳。

黒いアイマスクのヘレナと、アローではないオリバー。バイクで2台の護送車を別々に追跡です。オリバーの方はハズレでした。怖い顔のヘレナが護送車を止めたら、中から武装警官です。ランス刑事のチームに包囲され、マッケナが逮捕。コレは色々とマズいような…取り調べで、フードの男を聞かれる緊張の瞬間。オリバー・クイーンの元カノと現彼女って話ではぐらかすと、電気消え催涙ガス。アローが救出に来たのでした。航空券とパスポートをヘレナに渡し、「俺の街から出てけ」と余計な一言を添えると、怖い顔で受け取るヘレナなのです。

マッケナの部屋を訪ねたオリバー。仕事と私生活の両立は大変とか言ってますが、マッケナに上手いこと言われてベッドに誘い込まれます。そんな最中、フェリシティの前に現れたヘレナ。FBIにハッキングさせて、父の隠れ家を調べあげていました。隠れ家を強襲したヘレナ。後追いのアローが邪魔に入ります。父バーティネリは軽快ではありませんが逃走。無線を聞いたマッケナも現場に到着。応援を待てと言われますが、1人で行っちゃうのです。向かい合うヘレナとアロー。アローのトドメの一発と思ったら、何とヘレナは矢をキャッチ。格闘になります。再度アローが弓を引いたところで、タイミングの悪いマッケナが。ヘレナはマッケナをショットガンで撃って逃走しました。

病院に搬送されたマッケナ。生きてましたが、大腿骨の粉砕骨折で1年のリハビリが必要だと。最高のリハビリ施設があるコーストシティに行くと言い、オリバーとはお別れの様子。店で落ち込むオリバーに、トミーが優しく声をかけるのです。言えない気持ちがわかったと。ランス刑事は元妻を呼び話を聞くようです。

島の物語。戦争が出来るほどの、射程距離2400キロのミサイルを島に持ち込んだファイアーズ達。兵士と捕虜を装い、見張りに近づくスレイド&オリバー。集まった見張りを滅多撃ち。スレイドはミサイルに爆薬を仕掛けますが、オリバーが基盤を外し起動できないように。無線でファイアーズに取引を持ちかけます。島からの脱出を条件に基盤を渡すと。少々LOSTの様な話になって、次回へ続く。

ARROW 1-16 暗殺依頼

Dead to Rights (2013)

島の物語。特訓が続きます。壊れた無線に気づき、直し始めるオリバー。直ったと思ったら、こちらの声は相手に聞こえません。ところがファイアーズ達の無線傍受に成功。スキュラがサウス ウェスト ベイに届くとか言ってます。コレもオリバー、オデュッセイアに登場する海の怪物スキュラとカリュブディスだと知ってます。怪物スキュラを見に行く2人。何とここから民間機も撃墜できるほどの、高性能のロシア製地対空ミサイル発射装置でした。

ローレルのアパートでトミーの誕生日を祝います。マッケナ&オリバーも参加。マッケナとローレルは法廷での顔見知りだそうで。マルコムも現れます。誕生日プレゼントを拒否するトミー。マルコムはスターリングシティから、人道的活動賞を頂くそうで、授賞式に来て欲しいとのこと。

ヘリで街に来たのは、ナイフ使いの殺し屋ギレルモ・バレーラ。アローが登場しますが、中々の苦戦。思わず矢を刺しちゃって殺しちゃいます。雇い主のターゲットは誰なのか、探る事になります。

トライアドの白髪女は引退したロートンに会ってますね。そうです。生きてました"デッドショット"。アローにやられた目。白髪女に、未来的なゴーグル付きの眼帯を貰い、マルコムの暗殺を引き受けるのです。

アジトではフェリシティが調査中。バレーラの最後の通話は、中華街のレストラン"ジェイド・ドラゴン"からとわかり、早速予約。オリバーがトミーと行き、オリバーの家に入り浸りになった原因を聞いたり。この店、裏部屋はトライアドのアジト。中国語も堪能なオリバーが、狙いを聞きますがわかりません。後ほどフェリシティが、ターゲットはマルコムと突き止めます。ちょっと困ったアローは、ランス刑事に電話するのです。

そして授賞式。トミーは出席します。ローレルに母から電話がありますが出ません。給仕は中国人だらけ。スタッフは既にやられいるのです。マルコムの壇上でのスピーチを終えると、トライアドの作戦開始。ヤバいトミーは父と一緒にペントハウスに向かいます。そしてアローアロー登場。マルコムを救います。マーリン親子は、マルコムが殺しと強さをトミーに見せてしまうのです。ペントハウスに到着しますが、トミーは動揺。黒いフードの衣装まで見せられちゃいます。やっぱり凄腕デッドショット、ペントハウスの防弾ガラスぶち破りマルコム被弾。その頃アローは白髪女と戦い、追い詰めたところでマッケナ刑事現れちゃいます。消化器噴射で逃げてペントハウスに。防弾ベストで助かったと思ったらマルコム、デッドショットの弾はクラーレなる毒入りなのです。トミーと対面のアロー、正体を明かして輸血しろと。話は後、病院で解毒してもらえと消え去るのです。混乱のトミー、ランスとマッケナの聴取にはとぼけます。珍しく金持ちを救ったオリバー。ディグは弟を殺したデッドショットが生きてるコトを知るのです。

病院に搬送されたマルコムは、消えた時はナンダ・パルバットなる町に行き、男に会い救われたとトミーに告白。見舞いに来たモイラには、裏切り者を突き止めろと命じます。オリバーは打ち明ける気はなかったと言うと、トミーは冷たく去って行きます。
ローレルのアパートに消えたママが来ました。サラが生きてるかもと言って、次回へ続く。

ARROW 1-15 盗まれた宝物

Dodger (2013)

島での物語。ブレイクの撃たれた腕が感染症にかかり、ヤバそうです。オリバーが、万能の薬草を取りにフェイの洞窟へ。洞窟に拘束された怪我人が居ました。アラン・デュランと名乗り、2日前に遭難して 1人助かった交換留学生だと。信じられないので縄は解きません。ブレイクを救ったオリバー、怪我人のことは黙ってます。

警備員に爆破装置付きの首輪で脅し、巨大ルビーの"シャーウッド"を盗ませたのはロジャーなる悪人。裏切ろうとした取引相手を殺し、残虐さを見せます。武器は棒状のスタンガン。

アジトではフェリシティがすっかり仲間になっています。リストの標的の不幸なプロフィールを見て、ドアを遠隔操作でロックしちゃいます。悪人退治に吹っ切れきれないフェリシティは出て行ってしまうのです。会社に迎えに行くオリバー&ディグ。偶然流れるホール刑事がドジャーを追ってるニュース。この悪人も退治すると、フェリシティを説得します。
3人はビッグベリーバーガーに。カーリーを誘えとオリバー。マッケナを誘えとディグ。互いに恋の世話を焼く戦士の2人。フェリシティだけは正義な話。マッケナの電話に盗聴器を仕込んで、ドジャーを探ると。
カーリーをディナーに誘うディグ。待ってたとまんざらではない様子。ところが、デートで良いムードになったところで弟の話を持ち出し、台無しなのです。
重大犯罪課のドジャー担当になったマッケナを、飲みに行こうとオリバーが誘います。こちらも「島のことは話したくない」でぶち壊しです。電話には盗聴器を仕込みまして、フェリシティが盗聴して情報を得るのです。

ローレルとテアがグレイズ地区でひったくりに遭います。逃げられましたが、残していった財布のチェーンをテアが捜査。犯人はロイ・ハーパーと突き止めるのです。ランス刑事に逮捕してもらった前科多数の男ロイ。不幸な生活や、母がヴァーティゴにハマった話を聞いて、起訴を取りやめるテアなのです。

次の"シャーロット"の取引現場には警察が踏み込みます。銃撃戦になり、ドジャーが逃げたところでアロー登場。しかし首輪爆弾で逃げられてしまうのです。
ドジャーの狙うのは "不吉の10年"の宝飾品。クイーン家の財力で囮の宝石を用意し、慈善オークションに出品です。フェリシティが追跡装置を取り付けて追う作戦。直ぐに盗んじゃうドジャー。会場内でフェリシティが気づきますが、首輪爆弾を付けられちゃいました。ディグが解除を試みながらも、フェリシティはオリバーを誘導します。車で逃げるロジャーを、バイクで追跡しクラッシュさせます。爆弾のリモコン片手に車外に出たドジャー。オリバーが投げナイフで正中神経を切り、手を動かなくします。そして電気棒を取り上げ、喰らわすのです。

ディグはカーリーに弁明してキス。
ちょっと気があるのでしょうか、テアはグレイズ地区のロイを訪ねて、バッグを返してもらいました。
警察署のマッケナを訪ねたオリバー。こちらも弁明でキスです。ランス刑事が邪魔に入りまして、フードの捜査に加わってくれと。その後はデートです。

モイラに来客。ロバートも相談してたという、信用できそうなアジト系のフランク・チャン。事業を抜けたいと相談します。ロバートは殺されたとか、娘アマンダのために仕方なくとか言うフランク。モイラにトライアドの白髪女を紹介します。モイラはマルコム・マーリンの暗殺を依頼して、次回へ続く。

ARROW 1-14 オデュッセイア

The Odyssey (2013)

モイラの前に現れたアロー。夫の失踪や事業のことを問いただします。モイラは子供達の写真で同情させておいて発砲。アローは大量の出血痕を残して消えるのです。フェリシティの車に潜んでいたアロー。フェリシティはナイスな驚きを見せてくれます。アローは正体を明かし、アジトに連れて行ってもらいます。こちらではディグがビックリ。とりあえず頸動脈ギリギリで助かったオリバーの治療なのです。

島での物語。スレイドに棒術を習うオリバー。10日後に来る輸送機奪取のため猛特訓。防弾ガラスのPATC(移動式航空管制塔)を襲撃するのがオリバーの役割。決行日に出発の2人、旧日本軍が残した地雷踏むピンチを乗り越え進みます。スレイドの相棒ビリー・ウィンターグリーンは、白黒マスクの拷問男だと聞きます。捕虜になり裏切ったそうです。
管制塔襲撃。スレイドが次々と周囲の連中を倒す中、管制塔のオリバーはピンチ。スレイドに助けられます。管制塔で留守番中に、ローレルに無言電話をしちゃってますね。輸送機から連絡が入りますが、合言葉があるようですよ。ここでオリバー、やっと活躍。オデュッセイアの引用だと気づきクリアするのです。
ファイアーズ達を空爆すると言うスレイド。命の恩人フェイを救出に行くオリバー 。白黒顔のビリーにやられます。爆破と共にスレイド登場。腕を撃たれながらも、ビリーを殺しオリバーを救います。輸送機は行っちゃいました。スレイドの弾を抜くオリバー。ファイアーズは傭兵で黒幕がいるとのこと。救出を拒んだヤオ・フェイは、娘シャドーが囚われていたのでした。シャドーには肩にタトゥーがありますね。

手術終了しましたが、痙攣を起こして心停止。電気ショックの機械が動きません。フェリシティが直すという活躍を見せ、オリバー復活。ついでに鑑識のシステムに浸入し血痕データ消すのです。仲間に誘われるフェリシティ。断りはしますが協力はするとのこと。シャドーと同じタトゥーがあるオリバー。事情聴取を受けてる家族の元へ帰り、次回へ続く。

ARROW 1-13 揺らぐ絆

Betrayal (2013)

島の物語。オリバーが、ヤオ・フェイの指示で行った所には飛行機。ナイフを巧みに使う物騒な男がいまして、名前はスレイド ウィルソン。一悶着ありまして、オリバーを戦士と認め滑走路制圧の為に組むコトになります。これから鍛えるそうです。オリバーが白黒マスクを発見しますが、拷問したのは違う人だと。スレイドは相棒とフェイを救出に来たオーストラリアの諜報員ASISだと言います。

ディグはフェリシティの話をオリバーに聞き、モイラを疑います。オリバーは母に手帳を見せ問いただしますが、とぼけるモイラ。手帳は暖炉に放り込んでしまいます。ディグはモイラの運転手になって探ります。粘った末に、ファケ=ルメートルコンサルティングでのマルコムと密会を盗聴することに成功。「カール・バラードの件は片づいた」とか「脅迫は必要なかったと」物騒なことを言ってます。そしてクイーンズ・ガンビット号の残骸の処分を頼まれちゃったりしています。オリバーに録音を聞かせます。やっぱり何かを隠してる母。船は沈められたのでしょうか?

アイアン・ハイツ刑務所から出所した男はサイラス・バンチ。あらゆる犯罪を行なってきた極悪人。早速、裁判で失敗した弁護士を殺して屋敷を頂きです。ローレルがバンチの被害者弁護団の代表なのです。釈放されたことを知り、アローにホットラインです。直ぐに屋敷を襲撃のアロー。続々と警備達を倒します。バンチに姿は見せずに盗聴しておしまい。

アローのホットラインを盗聴しているランス刑事。娘と会うアローを、チームを率いて待ち伏せします。そして密会。気配に気づいたアローは、ローレルを盾に逃げます。ランス刑事は捕まえられず、ローレルの信用までも失う始末。話を聞いたトミーはオリバーに相談します。ローレルは、危険でルールを破る男に弱いそうで、心配な2人なのです。

バンチの女が警察の内通者から情報を聞いて来ました。アローをおびき出すにはローレルだと。ローレルはアパートで襲われます。以前強いところを見せましたが、今回はスタンガンにやられてしまいました。

ローレル誘拐に気づいたのはトミー。バンチの要求は"正義の味方"に来いと。トミーはランス刑事に相談。内通者に気づいたランス刑事はアローに電話。面会し、協力を求められます。そして屋敷にアロー登場。次々に突破しますが、バンチに辿り着いた時には矢が足りません。そこでランス刑事登場。怒りに任せてバンチを撃とうとしますが、アローが阻止。パンチで我慢して逮捕なのです。しばらく距離を置きたいとローレルに言われてしまうランス刑事。アローの盗聴はマズかったのでしょう。

母の録音を何度も聞くオリバー。アローに変身してモイラの所に行き、次回へ続く。