読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

グッド・ワイフ 3-19 ブルーリボン委員会

海外TVドラマ グッド・ワイフ / The Good Wife

Blue Ribbon Panel (2012)

アリシアがダイアンの代わりにブルーリボン委員会なるものに出席することになりました。IPRA(警察監視委員会)の集まりで、今回は警官の発砲事件の再検証です。場を仕切る委員長は、弁護士のマイク・クレスティーバ(マシュー・ペリー)。"フレンズ"のチャンドラーです。アリシアは女性代表、黒人代表はデイモン牧師(チャールズ・S・ダットン)だそうで。ピーター・ダナウェイ判事やらハービー・ウィンター判事、他2名の出席者。

事件は、2人の私服警官が犯人を押さえつけていたところ、警官とは知らない黒人男性が銃を持って助けに来て、巡査に射殺されてしまったモノ。撃たれた黒人男性は、犯人が襲われていたと勘違いしていたのです。悪人を放っておけない、良い人だったようです。

委員会で再検証ということなのですが、形式だけで無難に終わらせるのが、この委員会の慣習のようです。"不審な点はない"と報告書に書くのが一番の目的なのです。質問しづらい状況の中、アリシアが正義感を出してしまいます。止められれば反発するアリシアです。不審な点をどんどん掘り下げます。徐々に周囲を賛同させますが、委員長のクレスティーバことチャンドラーだけは、そうもいかないのです。掘り下げた結果、ピーターの名前が挙がってしまいました。

カリンダが国税局から調査されてます。代理人はアリシアがウィルから引き継ぎました。こちらはFBIのラナが絡んでいたのです。麻薬ディーラーのビショップがターゲットでしょうか?ついでにカリンダの体ですか。アリシアと初対面を果たしたラナは、嫉妬心があるようですね。

アリシアの当面の目標は元の家。昇給は成功しましたが、もうちょい足りないようです。手紙作戦が上手くいきそうと思ったら、手付けを払った契約者が現れたと。その名はフロリック。ピーターにヤられたと思ったら、ジャッキー・フロリックさんでした。コレはマズイ状況。ジャッキーが美容院でリラックスしているところに、アリシアが現れるという、マファアを思わせるシーンで、次回へ続く。

ドランクモンキー 酔拳 (1978)

映画 アクション コメディ

Drunken Master (1978)

言わずと知れたジャッキー旋風の幕開け映画ですね。当時はカンフーと云えばブルース・リー、香港映画もブルース・リー。みんなが大好きブルース・リーでした。新たなスター登場に驚いたのですね〜。笑わせる戦いです。しかも酔っ払いの拳法なのです。斬新でした。今でも驚きアクションです。

面白いキャラクターも揃ってます。出っ歯や、赤鼻の爺様にも魅了され、香港映画の底力を見せつけられたのです。私が台湾に行った時には、ホクロのヒゲを伸ばしてる人が沢山いて、ビックリと同時にジャッキー映画を思い出したのです。

ジャッキー映画はストーリーがどうのこうのではありません。面白いアクションを愉しみましょう。

当時はビデオの無い時代でしたが、ジャッキー4本立て見れるなんていう映画館がありました。ちょっと古い映画が安く観れたのです。一日中ジャッキーとか、一日中ブルース・リーなんて日を過ごした記憶が蘇ります。未だ現役のジャッキーに敬意を表しましょう。

グッド・ワイフ 3-18 ホッケー訴訟

海外TVドラマ グッド・ワイフ / The Good Wife

Gloves Come Off (2012)

今回もウィルの案件を、アリシアとジュリアスが引き継ぎました。依頼人グラント・デュバニーがスノーモービルを運転中に制御不能になり、後ろに乗っていた妻が死亡。スノーモービルメーカーに損害賠償を求めます。担当判事は女性のリグビーさん。いつも眼鏡をなくしてしまうが、話の早い人です。メーカー側の代理人はハインズ(デヴィッド・コスタビル)。

リグビー判事の判断で即決と思われましたが、被告側の言い分がありました。デュバニーは元ホッケー選手、慢性外傷性脳症が過失の50%以上を占めていると。"修正比較過失"なるものが出てきて、被告にホッケーリーグが加わり裁判続行です。乱闘が売り物でもあるホッケー選手の頭部の怪我問題は深刻なのです。リーグの代理人は、あのケニング!強敵の登場です。

どんどん膨らんでいく裁判になっていきます。カリンダの調査で、俳優弁護士フランク・マイケル・トーマスが出てきます。こちらはリーグを相手に集団訴訟をしようとしている選手の代理人なのです。ケニングとの戦いを控えてますので、秘密兵器は隠しておきたい立場。ケニングだって集団訴訟を見据えての今裁判でしょう。隠された争いがあるのですね。

ダイアンがお盛んです。召喚状の人コープランドにデートに誘われ、盛り上がって待っているとドタキャン。スグにマクベイに電話しますが留守電。昂ぶるダイアンは止まりません。遠いマクベイの家に行きます。1年ぶりです。しかし若い女性ミランダがいました。彼女なのでしょうか?弾道解析を学び学生だそうで、バリバリの保守派。ミランダとは議論しちゃって、マクベイと2人になると良いムードになっちゃうダイアンなのです。その後コープランドとは改めて、マクベイともデートの約束です。

元の家が欲しいアリシア、ダイアンには昇給のお願い、ケニングの誘いにも遂に…って感じで、両者に駆け引きしたと思われて、好感度ダウンです。ロンドンからウィルの元カノのタミーが帰ってきてまして、こちらもスポーツジャーナリストの為、ホッケーの話題に絡んできます。ウィルの件で、タミーにも恨まれているアリシアです。

そんなアリシア、カリンダとも険悪なムード再び。どうしても許せないようですが、歩みよりそうになって、次回へ続く。

グッド・ワイフ 3-17 遠き我が家

海外TVドラマ グッド・ワイフ / The Good Wife

Long Way Home (2012)

変態ではありますが、憎めない存在になってきたコリン・スウィーニーが登場です。ヘラルド・エクイティ・グループのCEO返り咲きを狙って、株主総会での演説に挑みます。危機管理部門のイーライがバックアップします。株の動向の勝負なのかと思いきや、現CEOドレッシャーが必殺ワザを出しました。スウィーニーにセクハラされ、断ったら解雇されたという女性元社員イゾベル(モリーナ・バッカリン)が、スウィーニーの子だと言う男の子を連れて、総会に現れたのです。

この告発によりスウィーニーはCEO選敗北です。慌てるロックハート・ガードナー、差止命令を申請し、なんとか再投票に持ち込みたいのです。この戦いが面白い。判事は女性のクラウディア・フレンドさん。過去最高といえるしっかり者判事です。ドレッシャー側の代理人は、首席判事だったはずのヴィクトリア・アドラー

オーラル・セックスしかした事がないとスウィーニーは言います。しかしデヴィッドがDNA鑑定を依頼すると、正真正銘スウィーニーの子。口に溜めた精子をスポイトで…なんて話になっていきます。その後はスウィーニー、イゾベルが共に偽証します。アリシアアドラーが固まり、弁護士行動規範により〜って事になってしまうのです。まだまだこの後もビックリさせてくれるスウィーニー&イゾベルです。

ケイトリンが妊娠したそうで、未練無しの寿退社となります。アリシアが引き留めようとしますが、ただママになりたいのだと。キャリアとかは要らないのです。

検事局内のソファーでセックスしている者がいるとの噂が流出。ピーターに犯人捜しを命じられたケイリーが、またしても憎まれ役になってしまうのです。ケイリーは堪らず、デイナと付き合っていたと告白しますが、処分保留です。

家を探してるアリシアが、売りに出ている元々住んでいた家を見に行き、思い出に浸って、次回へ続く。

グッド・ワイフ 3-16 転落の後

海外TVドラマ グッド・ワイフ / The Good Wife

After the Fall (2012)

今回はカンザス育ちが武器、ウブな金髪娘ナンシー・クロージャーとの戦いとなります。ナンシーは投身自殺した女性カラの両親の代理人。自殺の名所に固定カメラを設置し、録画した映像を使って映画を制作した映画監督エイダン・ストッタードを訴えたのです。ストッタードの代理人は、ウィルの案件を引き継いだアリシアとなります。

エドワード判事(ジョシュ・ハミルトン)は、ナンシーのウブな作戦に堕ちてしまったようです。アリシア不利な展開。そして更なる若き金髪ケイトリンを投入します。初法廷ではありますが、エドワード判事を惹きつけました。逆転です。後はお馴染み、カリンダの活躍。

ウィルは、お家で本を書いたり、ジムに通ったりとののんびりした日々。そんなウィルの自宅に、初登場の妹オーブリーと姉サラがやって来ました。ウィルの恋愛事情にうるさい2人なのです。

ピーターは知事選に向けて、少々動き出したのでしょうか?ケイリーがちょっと犠牲になってます。

ウィルが一週間ぶりに事務所を訪れ、彼の座を狙うパートナー達の視線に囲まれます。ケイトリンが昇進して新しい部屋へと。見つめるアリシアに謎の笑みを浮かべて、次回へ続く。

ダウト・ゲーム (2014)

映画 サスペンス

Reasonable Doubt (2014)

"Reasonable Doubt"とは裁判用語で「合理的な疑い」だそうで、私には難しい言葉です。アメリカでは、陪審員は「合理的な疑い」が排除されない限り有罪の評決をしてはならないとのこと。邦題は無視しないといけませんね。

舞台は雪の積もってるシカゴ。どうやらやり手な感じの検事ミッチ(ドミニク・クーパー)が主人公。飲酒運転で人を轢いた挙句、逃げてしまいました。救急車を呼びましたが、轢逃げです。やり手らしからぬ事をしてしまうミッチなのです。コレで一転、後ろめたいコトがある小者になりました。

ドキドキの翌日、セシル・アッカーマン殺害の容疑で逮捕されたのは、クリントン・デイヴィス(サミュエル・L・ジャクソン)。アッカーマンはミッチが轢いちゃった人。デイヴィスは妻子を殺された辛い過去の持ち主。ミッチはこの事件を担当することになってしまうのです。デイヴィスを気の毒に思いながらも、自分のことがバレてはいけない裁判です。救急車を呼んだ時の録音音声が、バレるかバレないかって時には、セコい話ながらも緊迫のシーンです。

この裁判はミッチの思惑通りに無罪判決。自分の轢逃げもバレませんでした。ところが無罪を勝ち取ったデイヴィス、実は悪人だったのです。仮釈放で出所した元罪人を、拷問した上に殺すという、連続殺人犯だったのです。ミッチが轢いちゃったアッカーマンも仮釈放中の男、デイヴィスの拷問中に逃げたところで、轢かれちゃっていたのです。デイヴィスはミッチの轢逃げだって見ていました。立場が変わりました。

その後は、やっぱり連続殺人犯デイヴィスを捕まえたいミッチと、ミッチの妻子を狙うデイヴィスのサスペンスちっくな戦いとなります。

ミッチには前科者の義兄がいまして、検事ミッチとしては内緒の存在なのです。でも頼れるのは兄貴です。事実を明かして、デイヴィス調査を協力してもらいます。ところがです、義兄ジミーはデイヴィスに捕まってしまいまして、助けに駆けつけたミッチが、連続殺人犯として逮捕されてしまうのでした。

やり手なはずのミッチが、失敗に次ぐ失敗の物語。奥さんは勘のいい人でした。偶然と他力で、やり手検事になってしまったミッチ、我々を混乱させてくれる映画でした。

グッド・ワイフ 3-15 ウィルの決断

海外TVドラマ グッド・ワイフ / The Good Wife

Live from Damascus (2012)

陪審を切り抜けたウィル、事務所で祝賀パーティーです。テンション上がって、チャムハム社もやっつけると意気込みます。ところが友人に懲戒委員会のことを聞きテンションダウン。

検事局を追い出されたウェンディ、収まりがつかずにウィルを州法律家協会の懲戒委員会にかけたのです。資格剥奪を問う審問会か、業務停止6カ月の二択になります。

チャムハム社の代表ニール・グロスと、代理人のヴァイオラ・ウォルシュが事務所に乗り込んできました。訴えられた側の2人の方が態度デカいのです。シリアで、平和的な反政府デモに参加していた3人のアメリカ人が殺され、シリア政府に売った暗号解読ソフトに原因があると、遺族が訴えたのです。

裁判では我らがアバナシー判事が裁きます。近くでウォール街に対するデモがあったようで、賛同しちゃってます。休廷中には参加して、催涙弾を喰らって帰ってきました。何故か余裕のヴァイオラは、何か必殺ネタを持っているようです。こちらはカリンダが、シリア情報網を使って調査です。

ロックハート・ガードナーの顧客であるエデルスタインも出てきます。チャムハム社のライバルであり、ヴァイオラの元顧客でもありますね。カリンダの一言で協力する事になります。そして思わぬ方向へと展開していくのです。

イーライの元妻ヴァネッサは、やっぱり出馬を決めたようですね。選挙参謀にはステイシー。イーライも選挙参謀を引き受ける事になりました。ちょっとおかしな三角関係なのです。2人とはセックスしちゃってるイーライですが、この3人のいざこざにはいやらしい雰囲気がありません。妙なライバル心だけはあるのです。

ウィルが6カ月の業務停止を受け入れるようで、バットを担いで事務所を後にします。そして次回へ続く。