ARROW 3-5 フェリシティの過去

The Secret Origin of Felicity Smoak (2014)

ロイ、ローレル、テア、それぞれ訓練の朝。フェリシティも自宅で腹筋です。突然訪問のパーマー、熱電供給やら廃熱の有効利用を思いついたようです。そこへやって来た派手なお母さんドナ。パーマーを時計の人スマート・ウェアラブルと知ってます。新製品のハイテク時計を貰いました。

今回の回想は5年前のフェリシティ物語。爪も唇も黒いフェリシティ、彼氏とイチャつきながらハッキングする大学生なのです。スーパー・ウィルスを作ってしまいまして、彼氏クーパーが暴走しそうなところを止めます。ところがクーパー、このウィルスの件でFBIに逮捕されてしまうのです。フェリシティの身代わりですね。そして地味な眼鏡姿に変身のフェリシティなのです。

テアが高級アパートを借りちゃいまして、オリバーがビックリ。マルコムの遺産だと言います。クラブの出資金も実はマルコムの金。そこで突然の街中停電。TVモニターにブラザー・アイと名乗る男が声明。ハッカーでしょうか、まだ序の口だと電気が復帰です。

ヴァーダントにフェリシティとママ、セレブのオリバーに会います。ディグルは赤ちゃんを抱いて来ちゃいまして、ママにサラを預けて地下アジトに潜ります。
システムにウィルスばらまいたブラザー・アイ。次のターゲットは銀行の金を消すと。銀行では市民の暴動が起き、ローレルの勝手な指示で警官が出動、慌ててアローとロイ仮面が催涙ガスで暴動止めます。今回はみなさんフェリシティ頼りですが、このウィルスは5年前にフェリシティが作ったモノ。どんなサーバーにもアクセスできるそうで、止めることはできないと。手がかりは、以前入っていたハッカーグループ"ハクティビスト"の仲間で、元彼のルームメイトのマイロン・フォレスト。

勝手なことをしちゃったローレル、父に叱られます。やっぱりサラのコトは言えません。
ヴァーダントのテアは地下を開けようとしてますが、無理だとオリバーがごまかします。

マイロンを発見し、アロー&ロイが急襲。ところがマイロン、会計事務所の社員で平凡な市民のようです。怪しい元彼のクーパーは、判決前に首吊り自殺をしたとのこと。
会社で1人で沈むフェリシティを、パーマーが慰めていると、放ったらかされたママが現れ親子の会話。ちょっとしたわだかまりがありまして、アジトに復帰するもオリバーに諭され再びママに。

ママがこの街へ来たのは陰謀だったようで、マスクの強盗に拉致される2人。犯人はクーパーなのです。このドラマ、死んだと思った人は生きているのです。NSAに拾われ、スパイをしていたというクーパー。サイバー攻撃に遭った銀行から、現金を移動する輸送車が狙いなのです。ハッキングで輸送車を誘導する為にフェリシティが必要で、脅すためにママを呼んでいたのですね。ハッキングついでに、ママがパーマーに貰った時計を使って通信。アローを呼びます。クーパーは自作の自動マシンガンで抵抗。誘導した輸送車を襲う傭兵を押さえるのは、ロイ仮面とディグル仮面。捕らえられたフェリシティ は、クーパーをヒジ打ちで撃退。解決で安心したところで、ちょっとフェリシティを口説いちゃうオリバーなのです。

ボクシングのトレーナーに、ローレルは妹サラの死を告白。自分のために訓練をと頼みます。
ポップコーン持参で、歩み寄りたいとテアのアパートを訪ねるオリバー。一緒に住まわせてもらうことになります。この様子を遠くで見てるマルコムです。
フェリシティはママと和解。パーマーに休みを貰い、1日一緒に過ごしてお別れです。

うなされているロイ。サラに矢を刺してる夢を見て、次回へ続く。

ARROW 3-4 宿敵との再会

The Magician (2014)

香港での物語。オリバーは嫌々ながらのアマンダの任務。弱そうな爺様を暗殺し、こっそりと鍵に付いたUSBメモリを拾うのです。日本人家族の家に戻り、息子アキオのPCでUSBを見るオリバー。島で、ファイアーズから救った民間機フェリス航空637便の撃墜計画を発見。口封じでアマンダに暗殺されたのですね。非情な黒幕アマンダと会い問い詰めます。アマンダは島のコトを衛星で見てたとのこと。撃墜計画の標的はたった一人の女、トライアドの白髪チェン・ナ・ウェイだったと。オリバーは、チェンが香港にいる理由を探れと追加注文されてしまうのです。

リーグの仕事から戻らないとアジトに来たナイッサに、サラは死んだと伝えます。サラはリーグの敵を確かめにきたそうで、リーグの一員だったマルコムを調べていたと。オリバー達はマルコムの生存を聞くのです。

サラの遺品に不可視インクのメモを発見。マーリンの偵察記録と、ジェイセンなる文字。ローレルが、部下にお小遣いを渡しちゃって気前の良いランス警部に聞くと、最近引っ越した自分の住所ケン・ジー・ジェイセンだと。こちらは関係なさそうです。ついでにナイッサも来ちゃってますが、やっぱり心臓が悪い父にサラのコトは言えません。

ジェイセンは、9年前マーリンが窮地を助けたという僧侶と判明。僧院に行くオリバー、ディグル、ロイ、ナイッサ。ディグルがジェイセンの墓石を見つけます。ところがナイッサの狙いはマルコムだったのです。戦闘に入るや否や煙幕で逃亡するマルコム。追跡装置を矢で付けたオリバーに、殺さなかったと怒るローレル。ローレルとナイッサは殺す気満々なのです。

ナイッサには内緒で、倉庫におびき寄せられたオリバー。マルコムから、人混みで話し合おうとの提案。マスクなしの2人の秘密の話は、サラ殺しは違うと言うマルコム、、街に戻った理由はテアだと。
オリバーはナイッサに、マルコムはサラを殺してないと言いますが、信じるナイッサではありません。それどころか、オリバー以外は全員マルコムを殺す派なのです。

テアがヴァーダントを買い戻すそうで、まもなく再オープンが決定。隠し事を嫌うテアですが、マルコムのことはトボけます。ロイが改装を手伝っていると、ナイッサ仮面が登場。ロイは麻酔打たれ、テアは怯まないが誘拐されてしまいます。マルコムは遠くのビルから紫の狼煙を見てます。

逆さ吊りのテア、父の暗殺ネームはアル・サヘル"魔術師"だと聞きますが、ちょっと酷い仕打ちを受けてます。アローが現れ逃します。ナイッサ仮面とアローが戦い始めたら、黒マルコム仮面が横入りで3人の戦いに。ナイッサが拘束され、隙を突いたアローがマルコムにダメージ。しかしとどめは刺しません。ナイッサが殺せと煽ります。ナイッサの父親が怪しいとマルコム。サラ殺しではないが悪人のマルコムに、弓を引くアローですが、巧みな言い訳で解放してしまうのです。
アジトに戻りナイッサにパンチを食らうオリバー。それでもマルコムには手を出すなと。暗殺集団を敵に回したコトになるそうです。

テアとロイの会話に"禅"なんて言葉が入ってきました。ロイをサブマネージャーに任命です。そしてテア、父と仲良く密談してます。一方の父ランスは、サラに電話しますが、いつも留守電なのです。

ローレルに、サラへの復讐を誓ったナイッサ、
帰国して父に面会。初登場の父は、サラは既に一員ではないが、マルコムには制裁を加えると。そしてオリバーの宣戦布告を受けて、次回へ続く。

ARROW 3-3 家族の絆

Corto Maltese (2014)

半年前の物語。マルコムのリムジンに乗ったテア。連れて行かれたお屋敷で、東洋的な精神修行です。熱湯を手にかけて我慢。マルコムに殴られちゃったりしてます。

アロー達のサラ殺しの証人探しは、1週間収穫なし。ローレルはボクシングジムに調査に行きますて、ジムに誘われちゃったりしてます。そんなローレル、断酒会で彼氏の暴力に悩む女性を見つけてしまって、黙っては見過ごせないのです。黒ローレル仮面が暴力彼氏を襲ったら、やり返され病院送りにされてしまうのです。

フェリシティが、テアの居場所は南米の島コルト・マルテスと突き止めます。オリバーが行く間に、ディグルは家族と過ごそうとしますが、同島で行方不明になってるライラの同僚マーク・ショーの事を頼まれ同行することに。ロイを交えて3人でコルト・マルテスへ。

オリバーはスペイン語も喋れるようです。ショートヘアのミアになってるテア、働いてるカフェでオリバーと再会。ゴミ捨てのテアに再会はロイ。2人共、帰る説得をできません。全てをテアに話すと言いだしたオリバー、父の死の真相

ショーに会うディグルが話を聞くと、島の誰かがサーバーからARGUSの名簿を盗んだとのこと。ライラの家族情報も漏洩している一大事。ディグルとショーが名簿の取引現場に行きます。ところがコレ、ショーの罠。オリバーの援護が間に合わず、電気を食らって暗号解読のUSBを盗られてしまいました。
ライラに連絡すると、アマンダが処理班を送ったので待機命令。しかし待機する2人じゃありません。ショーの取引現場にオリバー ディグル ロイの3人で。別部隊が現れますが、ARGUSではない。ショーが雇った傭兵のようです。あんまり沢山いるもんで銃を使うオリバー。ロイはビックリ。名簿入りのパソコンは奪還。ディグルはショーをパンチ。ショーの事情は、非情なアマンダに耐えられなくなり、ARGUSを抜けたいとのこと。

順調経営のクイーン社。パーマーはフェリシティに、破壊された応用科学部門のデータ修復を依頼します。でっかい部屋がフェリシティのオフィス。パーマーの前でも、ディグルからショーの調査や、ローレルから暴力彼氏の調査など裏仕事をこなします。

戻る決心のテア、剣術で随分と強くなってます。空港で待つ3人のところに行き、うまい偶然でコーヒーが手にかかりますが、全然平気です。

旧ヴァーダントのアジトに、顔が痣だらけローレルが帰国したオリバーを待ってました。サラみたいに人助けがしたいと言い出しますが、訓練を断るオリバーなのです。ローレルはボクシングジムに入門です。
ディグルは幸せな家庭に帰宅。ライラは夜中にARGUSの呼び出し。
暴力彼氏は匿名の通報でランス警部が逮捕。
フェリシティがデータの復元を成功し休暇をもらいます。応用科学部門の高性能兵器を見て、パーマーが悪人顔になってます。
アジトには、サラを探しに来たナイッサが現れ、次回へ続く。

ARROW 3-2 サラ

Sara (2014)

アジトにサラの遺体を持って来ちゃったローレル。矢が刺さったままで、みんなビックリ。

香港の物語。アマンダの命令でビルの屋上から狙撃。撃つのはオリバー、標的はトボけた顔のトミー。メールサイトに接続したオリバーを探しに、親父のプライベートジェットで来たのです。狙撃を断ったところで、オリバーの生存がバレる前にアマンダにヤられると日本人の旦那さん。
いい部屋で過ごしてるトミーを誘拐して、リッチマン狙いの誘拐犯を装います。トミーをビビらせて、旦那さんが警官を装い解放しました。

ローレルは犯人探しに意気込んでます。オリバーはディグルが心配して諭します。ランス警部に会いますが、サラのコトは言えません。そして矢を使う殺し屋が現れます。被害者は投資家や現場監督。黒マスクの弓矢の殺し屋、正体がわかりません。

しつこいパーマーに怒鳴り込むフェリシティ。イベントがあるそうで、クイーン社は改装中。パーマーは中々好感の持てる男だったりします。
ディグルがARGUSで殺し屋を調べます。正体は傭兵のサイモン・ラクロワ、通称"コモド"。フェリシティが発見、バイクで追うアロー。新たな標的を殺そうとしてるコモドを発見。今回はバイクの2人が弓矢で中世ヨーロッパ風の戦い。オリバーやられて逃げられますが、暗殺は阻止。

アジトでは、サラの遺体を冷凍室に入れたまま。フェリシティは仕事ができないと。感情を殺して冷静なオリバー、連絡の取れないテアが心配でもあります。見かねたロイが置き手紙を見せるのです。
コモドにやられた男の病院を訪ねるローレル。被害者にもかかわらず、暴力で脅しての尋問です。共通点は、極秘のパイプライン建設に関わっていたと。次の標的はアメルテク社の取締役。病院にはランス警部も来ますが、やっぱりサラのことは言えません。

クイーン社の発起会。意気込むローレルが、何やら嫌な予感を醸しだしてますね。パーマーが挨拶したところで、コモドが窓を突き破って現れます。アローとロイが待ち伏せてました。ビルからビルへとワイヤーでピューっと逃げるコモド。アローが追跡、押さえたところで背後に銃を持つローレルがいます。サラ殺しは違うと言うコモドに、引き金を引くローレル。弾が出ません。コモドには、別の場所で暗殺のアリバイがあったのです。

父の立派なオフィスを訪ねるローレル、心臓の薬を飲む父には、とてもサラのコトは言えません。深夜にコッソリと、遭難事故の時の墓に埋葬。5人だけの葬儀なのです。ディグルは娘の名前にサラと名付けます。フェリシティはパーマーの下で働きそうな雰囲気。

コルト・マルテスのマルコムの豪邸。チャンバラ剣道で訓練のテア、パパとか言っちゃって、次回へ続く。

ARROW 3-1 再出発

The Calm (2014)

5年前の香港での物語。リアン・ユー沖でオリバーを助けたアマンダ、自分の駒にしたいようです。死を恐れず逃走を繰り返すオリバーに作戦変更。日本人家族の家に住まわせ、逃げたら彼らの家族が殺される作戦なのです。夫婦と息子アキオの命のかかった監禁です。

シーズン3はアロー&ディグルのトレーラー強奪アクションでの始まり。作戦室にはフェリシティも。ロイ仮面もいます。積み荷はRPG。スチールグレイブなる悪人を捕まえます。

ニュースでアローの活躍が報道されヒーロー扱いになってますが、貧乏になってしまったオリバー。テアは音沙汰なし。もう直ぐ娘が産まれるディグルが心配ですね。矢じりのネックレスをプレゼントするオリバーなのです。そして次の恋のターゲットはフェリシティ❤️

矯正局の護送車を見送るローレルとオリバー。ローレルは相棒になったと浮かれてます。お父さんのランス警部、落ちてばっかと思ったら昇進してます。記者を集めて、アローの功績を称え、彼を対象の特別捜査班は解散とサプライズな発表。

悪人達のミーティング。ピーター・ストーメア演じる新しいヴァーティゴ伯爵。新しいヴァーティゴを作って悪のリーダーになろうと。

フェリシティをデートに誘うオリバー。その前に一仕事。強盗を追うディグルとオリバー。フェリシティは販売員の仕事をしながらのサポート。フェリシティを知っている客が訪れ、ヘッドハンティングのようなコトを。強盗はランス警部も追跡中でして、軽く片付けるのです。

ライラの前駆陣痛に付き添うディグル。ワイヤーでピューっとビルに浸入のアロー。自動折りたたみ式の弓と衣装をバッグにしまってレストランに。眼鏡をとったフェリシティが待ってました。緊張のデートなのですが、新ヴァーティゴ伯爵にピーターに追跡されてたようで、RPGをレストランに撃ち込まれるのです。失神から目覚めるオリバーが、血だらけのフェリシティをアジトに運びます。発信機がつけられていたのですね。

ランス警部に調査依頼。この悪人はウェルナー・ザイトル。アジトに浸入するアローに、ダーツの注射でヴァーティゴをお見舞いするウェルナー。最も恐る幻覚が見えるようで、オリバーと戦うアローなのです。ランス警部が援護でなんとか切り抜けますが、ランス警部は狭心症の発作で苦しむのです。入院です。

クイーン社を取り戻したいオリバー、役員会議で返り咲きたいところですが、新たな入札者が現れます。爽やか笑顔のリッチマン、レイ・パーマー。フェリシティの店に来た客です。スピーチで対戦しますが、街の名前をスター・シティにと大胆なパーマーに負けてしまうのです。オリバーは自分の人生を優先させたと反省してます。

ウェルナーの次の標的はライバルのギャングのボス達。3人のボスが集まっているのは、ロケッツ・アリーナのボクシングのヘビー級タイトルマッチ。
父親になるディグルは現場に行かせないオリバー。ディグルは怒ってます。ウェルナーが高級感溢れる時限爆弾を仕掛け、撤退するところにアロー登場。ロイ仮面が爆弾処理。フェリシティの指示でギリギリセーフ。アローはウェルナーに再びヴァーティゴのダーツ刺されますが、吹っ切れたと効きません。無線を聞いてフラリと来たサラ仮面も登場。ウェルナーは無事ワイヤーで捕獲です。

ライラが娘を出産。病院に集合です。フェリシティを尾けてきたパーマー、雇いたいようです。ディグルとオリバーは和解。オリバーはフェリシティに、アローと両立できないとは言いますが、キスはしちゃうのです。稲妻にうたれたバリー・アレンが目覚めたそうで、アローに相談したいと。ローレルと別れたサラ仮面、何者かに3本の矢を射られてビルから転落。ローレルの前に落ちてきました。コレはさすがに死んでる様子で、次回へ続く。

ARROW 2-23 決戦の時

Unthinkable (2014)

別アジトのアロー達。赤黒軍団が来ました。ヘビの毒で眠っていたロイが目覚めて抵抗。蹴ると痛くて、やられてしまいます。ミラクルが中和されているのです。チームはワイヤーでピューっと逃げると、上空のARGUSのヘリがミサイル攻撃でビル破壊。

滅茶苦茶の地下アジトに戻りますと、ライラが来ました。誰も殺さないと言うオリバー、ライラにアマンダを止めるよう頼みます。サラは戻る条件でナイッサを呼び、7人の暗殺集団と共に合流です。ロイに赤いアイマスクをプレゼント。
スレイドの拠点はクイーン社。中和剤で制圧開始。スレイドにはワイヤーで逃げられました。イザベルを殺そうとするサラを止めるオリバー。ナイッサが首をヒネっちゃいます。警察署ではサラ達が眠らせたローレルが、赤黒マスクに捕まってしまいます。そのコトをフェリシティ達の所に伝えに行くランス巡査。そこでフェリシティ、赤黒軍団がトンネルに集合してると気づきます。ARGUS本部では無人機の標的を街に設定。このコトをスレイドは知ってるようなのです。甘い考えに、アローの心中揺れてます。

フェリシティを屋敷に避難させたオリバー。スレイドがローレルをさらったのは間違いとか言って、告ってます。フェリシティもグッときてます。
ジョニーとライラも愛を語ってると思ったら、ARGUSの刑務所。デッドショットを脱獄させてます。アマンダが予定変更、今すぐ投下命令を出したところで、本部に乗り込んだディグル&ライラ。デッドショットも連れて来て本部を制圧。アマンダに中止を促しますが、ライラの妊娠をバラされちゃってます。

トンネルで対戦。中和剤を射るアロー達。ランス巡査も活躍して、トンネル内を制圧。そこへスレイドから電話。ローレルが切り札かと思ったらフェリシティが捕まってました。フェリシティの喉に刀をあてるスレイド。アローは弓下ろします。ローレルも捕まってまして、またも二択なのか?シャドーが見えてるのか?そこでフェリシティ、ポッケから中和剤の注射を出しスレイドに打ったのです。オリバーは屋敷の隠しカメラを知っていての作戦だったのです。ローレルはサラ仮面が救います。

そしてオリバーとスレイドの一騎討ち。上空を無人攻撃機が飛んでます。ワイヤーの矢で柱に縛りつけられても、俺の勝ちだと譲らないスレイド。アローがアマンダに終わったと連絡。銃に囲まれたアマンダ、無人機を引き返させます。

ノルディック・パール号に乗るナイッサとサラ。父とローレルとお別れです。ローレルには黒皮の暗殺ジャケットをプレゼント。胃の調子がおかしいという父は、吐血して倒れてしまいます。腹には赤黒マスクに投げられた傷。ローレルが救急車を呼びます。

テアに撃たれたマルコムは、防弾ベストで何ともないどころか撃たれて喜んでます。ロイの家へ行こうとするテアを嘘つきだと止める父。吹っ切ってロイの家に行くのですが、ロイが戦いに行ってる合間に矢筒を発見してしまうのです。誰も信じないと置き手紙を残して、マルコムのリムジンに乗るテアなのです。

スレイドが収容されたのはARGUSマークの地下牢。地上に出るとリアン・ユーです。オリバー、フェリシティとディグルと一緒に来てます。2人は初上陸ですね。オリバーはフェリシティと2人で話。良いムードですが、お互い演技とか言ってます。

島の物語。貨物船に乗り込んだオリバーですが、サラと共に捕らわれてしまってます。スレイドの背後では、悪いシャドーの幻影が煽ります。潜水艦のアレクセイは2時間待って、いよいよ魚雷発射。白黒マスクのスレイドがオリバーを撃とうとしたら魚雷命中。大揺れの船内には浸水。ミラクルを投げ捨てたオリバー、スレイドに放り投げられます。投げられたサラは、再びオリバーの目の前で水にさらわれてしまいます。スレイドの上に鉄骨が落下し動けない状態に。中和剤か、矢で殺すか二択のオリバー。口の減らないスレイドの目に矢。船は爆破しました。その後のオリバー、アマンダに香港に連れて来られて、シーズン2フィナーレとなります。

ARROW 2-22 破滅への序曲

Streets of Fire (2014)

島の物語。サラが捕まってました。しかも貨物船が動いてるとソナーでわかります。泳いで貨物船に行くとオリバー、1時間で戻らなければ貨物船を爆破してくれと。アナトーリと生涯の友情を交わして、貨物船に潜入です。サラが居ました。中和剤を探しにアイヴォの金庫へ行くと、中和剤を持ったスレイドが現れました。

壁爆破でミラクル軍団だけでなく、自分達も下敷きになってたアロー&ローレル。何とか自力で脱出。
一度は殺されたイザベルとディグルの戦い。イザベルが喋ってたら、フェリシティが車でハネてディグル救出。立ち上がるイザベルにビビって逃げます。
警察署では撃たれても平気な赤黒マスク。ランス巡査が手榴弾3つで吹っ飛ばし。
市庁舎では大騒ぎ。ブラッドが対応しますが、州兵の派遣を断り、警察のみで防ぐと。ローレルの上司のスペンサー検事は、冷静なブラッドにビックリなのです。
空港でも大暴れの赤黒マスク。テアが捕まりそうなところを救ったのは、黒仮面の父親マルコム!

オリバーは合流。スターラボから中和剤を送ったとの連絡がありますが、輸送車は赤黒マスクに襲われ立往生。運転手は足を折れて動けません。ローレルを残して、中和剤奪取に行く3人。この様子を盗聴してる余裕のスレイド。
ランス巡査がパイク警部補を説得し、アローを頼ることになります。

市庁舎では、制止を振り切られ、赤黒マスクに目の前でスペンサー検事を殺されたブラッド。燃える街を見下ろすスレイドとイザベルに、約束はと問い詰めますが、知ったこっちゃないとスレイド。ただただ復讐のために街が崩壊している様子に、固まるしかないブラッドなのです。

オリバー達の車を走って追ってくる赤黒マスク。横転させられフェリシティ気絶。爆破の矢で逃れます。輸送車は先を越され、中和剤はスレイドのところにいっちゃいました。策が無くなったオリバーを、仲間を信じてと励ますフェリシティです。

1人彷徨うローレルの所にサラ仮面。サラってバレてます。サラはヒーローとは反対の人間で、"タイル・アル・サフェル"という名、意味はカナリアだと。それを優しく受け入れるローレルなのです。サラ仮面が、火事から子供を救出というヒーローな一面を見せて警察署に避難のランス家。

裏切られた気分のブラッドは中和剤をパクって、オリバー達に渡すのです。ドクロ仮面が今更良い人になろうと、市長を続けて良い街にとか図々しいコトを言ってますが、イザベルに刺し殺されます。
アジトに戻ったオリバー、ロイで中和剤の実験といきたいところが注射できません。しかしARGUSが街の出入り口の橋を封鎖し、無人機攻撃で街ごと破壊するつもりなのです。アマンダに中和剤で止めるとオリバー。猶予は夜明け。ロイに注射を打ってみます。

逃げるテアは銃を拾います。マルコムが追ってきますが拒絶。そこにまた赤黒マスク。格闘に勝つマルコムです。マルコムに銃を向けるテア。全てを失った者同士とか笑顔で言う父を撃ちます。次回へ続く。